2019年11月のエントリー

ハーフ

いつだったか、
深夜というか早朝、CSで
細野晴臣特集が一時間、
大瀧詠一特集も一時間という
プログラムを発見。

いいもの発見!と
予約録画して
楽しみにしてたのですが。

え。。。

と、翌日何度も
早送りしながら
確認しました。

なんと、音楽はたしかに
流れているのですが、
画像がレコード写真の
一枚だけで、絵が
う、う、う動かない。

なんという斬新な
企画なのだ。

テレビとラジオの
ハーフが、深夜に
生まれていたのです。

早送りをしても
同じでした。


早すぎ

ラジオのあと、
あのユーミンさん、MISIAさんらとで
スタジオ・リハーサル。
すごいメンツ勢ぞろいでした。
ドキドキ。
本番まであと一週間なんです。

音楽のシゴトは、
進んでくうちに
ストレスも消えて行くから、
ミュージシャンの皆さんは
得する人生ですなあ。

夜はドラマ撮影へ。
面白い話も聞けた。

撮影ももう少しで
ぜんぶ終わり。

ついでに年末までも
あっという間
なんだろうな~。

みなさんも
よいお年を!

(早すぎだろ!)

平和

ある取材で、
赤ちゃん時代からの写真を
ズラリと並べながら
自分について話す企画。

(ああ、このころは幸せだったんだな)
と思ったら
(あれ、この頃も幸せだったよね)
と思い出し、
(あら、この頃も楽しかったわ)
と、ざっくり振り返ってみると
(意外と自分ってずっと平和じゃん)
と、思えてきました。
 
私の年代は、特に
写真撮影というものが
幸せな記念日に
撮るものだったからかも
しれないけど。

充分な人生なのに
なんで(私なんか)、と
くよくよしてた
日々があったんだろう。

もったいないことした。

自分の過去を振り返る
なんてことは、こういう
取材でもなければ
できなかった。

ありがとう、取材。

取材マジ嫌い
って思ってて
ごめんなさい。
(思ってたのかよ!!)
(本音書くなよ!!)

DJ

12月29日(日)、
幕張での大型フェス、
「COUNTDOWN JAPAN」
私も参加することになりました。

タイムスケジュールを見ると、
なぜか「DJ清水ミチコ」
とあるので、
「これ、どゆこと?」
と聞いたら、
なんでもその会場で
映像(ネタも含む)を使用する人をそう呼ぶ、
ということでした。

大根(D)女優(J)の「DJ」と
言ってたバチが当たったみたい。

安心してください。
まわしません。

15HOURS

早朝から夜まで、
15時間にも及ぶ撮影。

スタッフさんも
およそ死にながら
生きている。

文句は言えまい。
終わりは見えてきたぞ~。

こういう日が続くと
ごはん食べすぎがち、
部屋が荒れがち、
ブログ忘れがち。

なのでした。

おばあちゃん

早朝から
ドラマ撮影。

ここまではフザけていいけど、
ここからはダメ、
みたいな線引きがあるみたいで、
聞いてて面白かった。

笑う方の面白いじゃなくて
感心する方の面白さ。

監督が話がうまいので
みんなよく話を聞くし、
たくさん質問するのでした。

今日も冷え込みが厳しくて
帰りの車の中で
(わ~暖かいな~)、と
感じた瞬間から
うとうとしました。

完全におばあちゃん。

やかましいわ!

北風ぴゅうぴゅう

こんなにきれいな11月を
今まで味わったことが
あったかしらと思うほど、
いいお天気続きでしたが、
今日からずいぶんと
寒くなりました。

知り合いから紹介してもらった
著名な先生に
マッサージをして
もらったのですが、
なんでもこの時期は
すごく忙しそう。

11月は多くの人が
気温の変化に、体調を
悪くしたり、またケガなんかも
多いそうです。

皆さんも体調管理には
気をつけてくださいね。

今日はラジオと、所さんの
「学校では教えてくれないそこんトコロ!」
収録でした。

帰り道で
北風ぴゅうぴゅう
という音を、本当に
聞きました。

冬がやる気や~。

本当の自分

先日、足をくじいてしまい、
ギブスをしてたのですが、
それが取れました。

自由!

そして取ってから
しばらくしたら
足が臭かった。

これ私か?
と、思わず何度も
かいでしまいました。

おかしかった。

くさいのって、なんでか
おかしみがありますね。

本当の自分って何だろう、
なんて人は
皮膚をしばらく
密閉してみると
あきらめがつくと
思いました。


お知らせ

先日のライブツアー会場で
販売したツアーグッズを、
ホームページでも販売開始しました!

送料込みの金額で
こちらから購入できますので
是非ご覧ください。

ツアーライブ終了!

東京は人見記念講堂での
2DAYSをもって、
今年の私のツアーが
終わりました。

今回は4回しかなかったので
あっけないけど、
思いが溢れました。

ゲストのマキタスポーツさん、
ライブでのすごい爆笑を
どうもありがとうございました。

圧巻のネタの貴重な時間を
みんなで享受できました。

ユザーンさんとはまた
次の展開も期待できそうな
予感しかありません。
本当にありがとう!

そして
ジャムハウスのスタッフの皆さん、
弟のイチロウ、いつも
ポンコツな私のフォローを
ありがとう。

何よりお客さん、
東京だけでなく、
福岡、新潟からの方、
遠路はるばる来てくださった方、
本当にありがとうございました。

私って本当に人に恵まれて
ここまでやって来れたんだなあ、と
思いました。

残りの半生は
恩返しをしようっと。

ヒマつぶし

いつもの自分とは
ぜんぜん違うタイプの
洋服やメイクの一日。

ドラマの撮影でした。

廊下を歩くとき、
ニヤニヤする人もいて、
「コレ、私服じゃないから!」
メンチ切ったりして。
(メンチが古い)

金持ち・知的おばさまが
よく着こなされてるカンジの、
プリーツたっぷりで
ツルンと光沢のある
シワなし加工の洋服。
よく機内で見かけるカンジの。

ああいうヤツも
あったりして。

洋服の方が本人より能弁。
これが派手ということなのね。
(そのうち似合ってきたりして)

休憩時間に出演者らで、
人のセリフをもっとうまく言う
芝居泥棒のような遊びを
しました。
真剣なほど面白い。

ヒマつぶしは
楽しいな。


神秘

鳩に魅せられた人が
知人の友人にいます。

レース鳩ファンは全国にも
多いんだそうですね。

「その辺の土鳩(ドバト)とは
まったく違う!」んだそうです。

普通の鳩が、
土鳩と呼ばれてることも
知りませんでした。

時速70-120キロも
出せるんだそうで、
北海道から都内の
自宅に戻ってくるその姿に
思わず感涙するんだそう。

すごい能力ですよね。

愛鯉家(←あいりか、と
読むそうです)も
すっごくフシギ。

鯉のファンはなぜか
男性ばかりで、
女性にはほぼいない
という世界。

そういえばまわりに
「鯉大好き!」
「ねえ、鯉見に行かない?」
という女性は一人もいない。

大切に育てられ
数千万円のものも
普通にいるのだとか。

レース鳩はその能力に、
鯉はその美しさなどに、
自然や生命の神秘を
感じてしまうのでしょうか。

モンガイカンの
私からすると、そうやって
何かに魅せられてる人にこそ
また神秘を感じます。


未亡人

ラジオのゲストが平野レミさん!
おっかしかった。

私のモノマネが「下品!」
なんだそうで、やるたびに
何度もしょっぱい顔を
なさっていた。
(やるなよ)

「私、未亡人になっちゃったの。
み、み、未亡人!」
と、言い方が中身と
ぜんぜん合わない事も
おっしゃってました。

私も実はちょっと
憧れてた言葉、
未亡人。

でも考えてみたらずいぶん
失礼な言葉ですよね。

未だ亡くなってない人と
書くんですよね。

私が未亡人なら
なにか?
と言いたくなります。

夫である和田誠さんは大好きな
デザインが仕事にできて、
一方的に好きになった人と
一週間で結婚できて、
おいしい料理だけを家庭で
毎日食べることができて、
息子、嫁、孫たちとも
ずうっと仲が良かった。
友達からも好かれていて、
歌に映画が好きで
誰よりも詳しかった。

思えば、つくづく
最高の人生だったんですね。

「最高のオットだったから
死んでから悲しい。
だからサ、サイテーな男と
結婚すればよかったね~!」と
CM中はめちゃくちゃなことを
おっしゃってました。

じーん。


鼎談

雑誌の鼎談連載で
林真理子さん、
中園ミホさんと
ご一緒しました。

すっごく面白かった。

やっぱり何かに
長けている人物は
話が正直で、中身が
濃いからずうっと
聞いていたくなる。

もうすぐ東京での
私のライブ。

「マキタスポーツさんが
ゲストなんですよ」、
と言ったら、
「あ。私と同じ、日川高校出身者だ」
と、林さん。

すっごく意外!

占いも専門になさっている
中園ミホさん。

私は来年から
どんどん運気が
あがるそうです。

素直なところがあるので、
信じようっと。
(調子がいい)

ライブツアー2019

いよいよ待ちに待った
ツアーが始まりました。

名古屋市公会堂を初日に、
グランキューブ大阪も。

両日とも大成功!!
こりゃあ自分で言えるわ。

快感でした。

一緒に演奏してくれた
ゲストのタブラ奏者
ユザーンさん、
ありがとうございました。

皆さん、きっとインドに
アラブに、スペインに
行きたくなったんじゃ
ないでしょうか。

そして名古屋、大阪の
声を出してくれたお客さん、
どうもありがとうございました!

東京公演がまだ
残ってますが、
ひとまず半分
終わってしまった。

またこんな音楽の旅を
したいな~。

ライブツアーグッズ

ドクターX、観てくださいましたか?
「人の話を聞きなさいっ!」
というセリフがありましたが、
ここでも私の話をぜひ
聞いてください!

なぜなら、明日から始まる
ライブツアーのグッズがめっちゃ
可愛いからであります!

2019110106.jpg

すべて天久聖一さんによるデザイン、
↑原田治さんオマージュの
トートバッグ(大)。

2019110105.jpg

↑「NO MIMIC,NO LIFE」
と、どこかで聞いたことのある
言葉もちゃっかり入ったミニバッグ。

2019110104.jpg

↑さらには日本初!モノマネしてる
缶バッジがセットに!
どなたかわかりますかね?

2019110103.jpg

↑運気の強い人ばかりで
ミニタオルも作ってみました。

2019110102.jpg

↑クリアファイルです。
一番上はコスチューム(髪型・洋服)が
透けてるデザインで、なんと
あなたの写真をはさめば、
誰かに変身できるというすぐれもの。

2019110101.jpg

↑そして全種類
コンプリートできるシール。
(やかましいわ)


2019110108.jpg

↑ちなみに、2000円以上
お買い上げの方には
ロゴステッカーをプレゼント!

開場の一時間前には、
ロビーで販売して
くださるそうです。

どうぞよろしくねー!!