混ぜて~

福岡CIRCLE、
終わりました~!

来てくださった皆さん、
ありがとうございました。

新ネタもさりげなく
入れてたのですが、
なんの心配もない
50分で、超楽しかった~!

雨は降らず、
暑くもなく寒くもなく、
空気はおいしく
緑はきれい。
お客さんは
なんでも言うこと
聞いてくれるわ、
ケータリングはおいしいわ、
バックヤードの会話は面白いわ、
と、すっかり仕事ではなく
贅沢三昧。

弟は細野さんと
お話ができて、
すっごく幸せそう。

打ち上げはさすがに
隅っこにいた私たち。

するとドラムの林立夫さんが
「ねえねえ、こっちきて飲んだら~?」
と、声をかけてくださった。
すごく嬉しかったな~。
きっと顔に書いてあったのだ。
(そっちに混ざりたい)
おかげでいろんな話が
聞けました。


姉弟リハ

弟がやってきて
一緒にリハーサル。

福岡のフェス「CIRCLE'19」に
二人で出演するのです。

声かけてくださった
スタッフさん、
ありがとう!

ううう嬉しい~。

姉弟でのコンビ、
頑張ります!

ちなみに明日
19日の日曜は
夕方5時からの
「所さんお届けモノです!」
に出ます。
よかったら観てねー!

オバケ

ラジオ終わりに
青山のジムへ。

久々に計ったら
筋肉が「普通」の
ランクに。

いままで何十年も
ずっと「筋肉不足」
と出てたので、
自分はなんとなく
もともと
そういう体型なんじゃないかと
思ってきたのでした。

でも、やっぱり続けると、
結果がついてくるんですなあ。

夕方からは、
また仲良し四人組での
楽しみにしてた
ごはん会。

今回は中華料理でした。

葉子ちゃん、タナカさん、
ちえちゃん、私で
なんだかずーっと笑ってて、
時どき涙をふいた。

「でも何がおかしいんだろう。」
「いや、だいたい女って
こういうもんじゃない?」
「夏休みどこ行く。」
「これって白いけど
 ゴボウですかね。」
「あ、いまあくびしてた?」

などと、会話はとりとめがない。
なのに笑う。
本当におかしいのだった。

やっぱり笑いって、
いつもタダで
勝手にやってくる。

今日はたのむから
一緒に出てよう、と
こっちから頼むと
逃げるクセに、
狙わずに無防備でいると
あっちからすでに
ひざに座って出番を
待っている。

飼いならしたいな~。

つかまえたいな~。


Bill Evans「Time Remembered」

アップリンクで
ジャズピアニスト
ビル・エヴァンスの映画
「Time Remembered」を
観てきました。

ドキュメンタリーで、
こんなに兄弟愛が
強かった人だったのか!
とか、複雑な女性遍歴など
なかなかしょっぱい
味わいでした。

演奏に向かう時間は
彼にとってどれほど
至福な時間だっただろうか。

それでも特別な才能が
溢れていたというのに、
やっと開花するときに
ドラッグ中毒に
なってしまうなんて、
人間は本当に本当に
複雑だ。

途中、共演したトニー・ベネットが
出てくるんだけど、なんとなく
水木しげるさんとかぶった。

根底が明るい人物は
才能によって
自分を苦しめたりしない。

そんなカンジ。

どんなに才能や仕事があったって、
夜に眠れないんじゃ
幸福じゃないんだわな。
とでも言ってるカンジ。

でも私が映画で一番
え!!ってなったのは、
あのインテリ・猫背・やせ型で
どこかブルーなまなざし。
と、
ルックスも超カッコよかった彼が、
病院に入って
ドラッグからしっかり
立ち直ったら、なぜか
むっちり体型・派手な服装・ヒゲつき
にすっかり変わってて、
事実は小説より本当に奇なり、
と思いました。

服のセンスには
本当に驚いた。

そっちが本当だったの?

あれはまさに映画館が
一体になった瞬間と
思いました。


野生

最近、近所の野良猫だか、
飼い猫だかは
わからないのだけど、
一匹、なぜかウチの窓の下に
やってきます。

私も猫好き。

そこまではいい話。

ところが、
これにウチの
チビ(女の子)だけが
なぜかめっちゃ反応。

ものすごく大声で
窓辺で鳴くのです。

発情に近い気持ちに
なっちゃうんでしょうか。
ずいぶん前に
去勢してるんだけど。。

いつものかわいい声じゃない。
まったくの別人です。
太くて、野生感丸出し。

まるで
「オスやんけ!おーい、オス!
 こっちこいてー!」

みたいな声。
今までもときどきは
あったけど、
今年はまたいちだんと
強くなってきたようで、
母としてはなんだか
見たくなかった
瞬間になるのでした。

朝とトランプ

椿鬼奴さんと
「あさイチ」で
朝からW桃井かおり。

朝が早いと
一日がめっちゃ
長く感じる。

「三文の得」ってのは
時間のことでも
あったのかな。

テレビを観てたら、
トランプさんの
関税25%のニュース。

あなた、
ものおじしないわねえ~。

一日が早いんだろうなあ。


明日はフジテレビの
潜在能力テストに
出てます。

見てね~。

ポエトリー ハラスメント

SONYの担当者、松田さんが、
実家の喫茶店に
わざわざ遊びに
行ってくださったそう。

ジャズ研出身であり、
オーネット・コールマンの
大ファンの彼。

私たちも松田さんの
人柄のファンです。

いつも話が面白く、
なぜか面白いことも
むこうからやってくるのです。

松田さんがオーネット・コールマンを
聴きながら
ゆっくりしていると、
急に中国女性の
8人組がにぎやかに入店。

なんと隣の席で、
詩の朗読会みたいなことを
始めたのだとか。

ウケる~。
朗読会禁止とは
どこにも書いてないわな。

そのうちなぜか弟も
おばちゃんらに
巻き込まれ、英語で朗読
させられていたという。

ポエトリー・ハラスメント。

気をつけたいものですね。
笑ったなー。


ヤギあるある

数年前、
マネージャー・タナカさんと(またかよ)
ハワイ島に遊びに行った
ときのこと。

いいお天気で
牧場、農場が
いっぱい。

の・ど・か~。

しかし、ふと見ると
一匹の仔ヤギのツノが、
農場のフェンスに引っかかって
抜けられず、
もがいていた。

「H・E・L・P!」
鳴き声が
そういう感じ。

私たちはどれどれ、
まず一回頭をこうやってごらん、
などと(怖かったけど)
手を出し、からまってたツノを
フェンスから開放
することができた。

ダッシュ。
ぴょんぴょん。
ぴょんぴょん。

よかったね。

しかし、それもつかの間、
あれ、こっちにもまた一匹
いるじゃないか。

「H・E・L・P!」

やれやれ。
その仔もフェンスから開放。

あ、ここにも。

何匹か繰り返し。

そろそろもう
ホテルに帰りますよ。

と、車に乗ろうとしたら、
なんと、さっき開放した
一匹がまた同じように
フェンスにツノをぐいーっと
つけ始め、また
からまってもがいて
いるではないか。

な・ん・で・だ!

ヤギあるあるなんでしょうか。

ツノを何かにぐいーっと
おしつけたい衝動。

アホだなあ。

あなた、開放された
ばかりの方ですよね?

この炎天下で、ずうっと
もがかなくちゃいけないの
なんでわからないの?

フェンスも悪いけど。

もっかい開放したら
帰るから。

と、すっかりツノも
怖くなくなった我々は、
ヤギに言いたいことを
胸に帰りました。

なんだこの気持ち。

自己満足の不発。
(言うなー)

銀座にできたラーメン屋さんに
行ってみたく、
お昼は楽しみにしてたのですが、
その日はお休み。

残念だなあ、などと言いながら
マネージャー・タナカさんと
今度はお蕎麦屋さんに
行きました。

角にあるお店。

数人並んでたようだったので
私も最後尾につくと、
様子がなんかヘン。

なんと、その列は
並んでたのではなく、
「なんとなく4.5人が
 立ってしゃべってた」
のでした。
たまたま列みたいに
見えたのでした。

動かないはずですとも。

めっちゃ恥ずかしかった。


SWEET SOUL MUSIC

実家の喫茶店が
リニューアルオープン。

2019050901.jpg

誰もが苦笑いして
通り過ぎると言います。

それもそのはず
「MENUはコーヒーのみ1000円」
とあるからです。

ずいぶん強気な、と
思ったら、
コーヒーは
おかわり自由で
ビスケットつき、
お水は飛騨の天然水の
ペットボトル(お持ちかえり可)が
出てきて、
しかもおかわりしない方には
代金は500円。
とのこと。

2019050902.jpg

そう書けばいいじゃん、と
思いましたが、それでは
意味がないのだとか。

1000円でどれどれと
入ってくるような
タイプのお客さんに、
いい音で音楽を
サービスしたい、のが
狙いらしいです。

個人経営の自由さで、
ほぼ本人の部屋のような
店になってましたが、
スピーカーもすごくいい音で
「お客さんを見て
この方にはこんな音楽を、と
チョイスする」のが
めっちゃ幸せそうでした。

2019050904.jpg

「JAZZに限定しない」
とのことで、
矢野顕子さんのLP盤を
かけてもらいました。

2019050905.jpg

看板もよく見たら
COFFEE&
SWEET 
SOULMUSIC
になってたり。

2019050903.jpg

なんだか楽しそう。

レコード喫茶「IF(イフ)」
おヒマな方、
どうぞよろしくねー!

HOMEへ戻る