2020年5月のエントリー

じっと見る

5月のある日、
私は(家にばかり
いるんだから
体操や筋トレでも)、と
youtubeを観ながら
トレーニングを開始。

ここまではよかった。

しかし、20分もすると
やっぱり飽きてくる。

まだダンスの方が
音楽に乗ることで
時間を忘れ、
30分を超えられるかも、
と、トライしてみたのですが。

ある日、鏡ごしで見た
ダンシング自分に
ビックリしました。

何かが私に
まとわりついてるのです。
(何なのかはいまだに
わかりません。)

いつか、SONYの松田さんが、
ある日えらいシュッと
痩せてきた日のことを
思い出しました。

理由を聞けば
「地方で泊まった
ホテルにたまたま
大きな鏡があり、
自分のおなかを見て驚いて」
(変わる)、と決めた
らしいのです。

私は、気持ちがすっごく
わかりました。

いま、五月も終わろうと
いう今日、やっと2キロ
それが減ってました。

これでもめっちゃ
快挙です。

それにしても、
長年、まさか、と
見てないフリを
してきた部分を
一度(じっと見る)、
ていうのは、
こんなに覚悟が
いるもんなんですね。


変な植木

撮影を数本しました。

といっても、どれも全部
ノーギャラなんだけど。

楽しかったです。

最近、「こういうところで
困っている人へメッセージ」、
とか、
「こういう方に激励が
欲しいのでご参加を」
など、応援企画がたくさん
やってきます。

終わって自宅にもどると、
玄関に誰かがピンポン。

画面ごしだけど。

「日野市の方から
電車賃もなく、
歩いてきました。

このへんのお宅で
何か仕事ないですか。」

こっちも仕事が
ないんだよおお!
ごめんねええええ!
あせった。

この感じ、
東日本のときもあったのを
思い出しました。

玄関にお爺さんが来て
「千葉から来たんだけど、
鉢植えを買ってください。
今、みんな大変なんですよね。」

その時はつい、
おろおろしちゃってたのか
欲しくもない
変な植木を2鉢、
買ってしまったという。

あの見たこともない植木は
なんだったんだろう。

命とルックス

春になると、家の中で
小さくて軽そうな
ひょんひょん飛ぶクモと
遭遇します。

始めは気持ち悪くて
「クモがいなくなる薬」など
検索してたんですが。

よく調べてみると
クモって、
実は人間に何の害も
及ぼさないんですね。

見た目が悪すぎるだけで。

それどころか、
家の中の害虫を
なくしてくれたりして
割と味方になって
くれてたんだそうです。

ごめん。

あの黒い色と、その姿が
めっちゃ悪そうで、
ヒイッ!敵!にしか
見えてなかった。

「蜘蛛」っていう漢字の
デザインにも
悪意がちょっとあるよね。
模様こわ!

カラスもそうだけど、
ホント、
ルックスって大事だよな~。

(↑それが一番傷つくっつの)

課金制システム

ネット上での
ZOOMなんかのトークに
「課金制システム」
というのがあって、
私も出る側で参加したことが
ありました。

でも、
(お金払って観る側は
いったいどんなカンジなので
あろうか?)と
興味があった私。

いつか、テレビで観た
ある人の言動がおかしくて、
しかもその人がたまたま
翌週、課金制で
ネットでしゃべる、と知り、
課金での視聴というものに初参加。
ポチ。

ところがです。

約束の時間に始まっても
最初の30分は
声が聞こえなかったり
画像が止まったりで
なかなかの苦戦。
あやまり続けるその人。

ドキドキ。

やっと始まったと
思ってると、
しばらくしたら
幼いお子さんが
とつぜん、部屋に乱入
してきました。

しばらくお子さんと
その本人とのやりとりだけ
聞こえてきます。

放置プレイ。

ところがです。

やっと子供さんが帰って
しばらくすると、
ドアの外で奥様が
声だけで登場。

どう聞いても
カンカンに怒っている様子で
滅茶苦茶ナマナマしい。

全部スリリングでした。

課金するんだから
もうちょっと緊張感が
あるんだろうと
タカをくくってたのですが、
なんだか逆にこの
ナマナマしさがコワくて
すっごく面白かった。

TVとの違いは
緊張感なんだな~。

ヒトんチの現実を
覗かせてもらった、
という悪趣味かつ
背徳的なオモシロ味。

ま、とはいえ、課金すれば
全部が全部、これだけの
スリルで楽しませてくれる
わけではありませんよ。

これはたまたま
事故だったんです。

たまたま私が
ツイてただけなんです。

(ツイてるか!)


昭和的

街を歩いてたら、
靴屋さんの前に
「マスクご自由に
 お持ちください」
(一袋に3PK入り)
と、たっくさん
置いてありました。

おお。
ゴーセイ!

やっぱりだんだん
マスクの数は
足りてきてるんですね。

今日はいい天気だったので、
しその種を
撒いてみました。

原稿を書いて、
もらいものの
うるめを焼き、
野菜中心の食事を
夫婦で食べるという
昭和初期みたいな
一日をおくりました。

素敵の素は
素朴の素。

ごきげんやう。

小さな恩恵

6月の仕事が少しづつ
入るようになってきました。

といってもドラマなどは
当然、キャンセルありき
でのオファーなのですが。

5月の私たちは一緒に
息をひそめて
そうっと生きている。

そんなカンジがしますね。

でもさっき見た
ネットのニュースには、
このおこもり状態期間に
正直、しみじみ初めて
幸せを感じた、
という人も多かったとか。

むやみやたらに
ただ忙しいルーティンで
生きてきた生活や、
考え方なんかが
これから新しく
変わりそうですよね。

だいたい私たちは
自分という
一番大事な人物を
よく見てもこなかった。

ちまたによく
ありがちな
他人のモノマネをして
生きてきた。

私も今回は、
土から花が咲く姿って
こんなに嬉しくさせるんだな、
とか、
野菜が実るって
めちゃくちゃ可愛いな、
などと、対象物を
愛でる時間が増え、
同時に脳内快楽も
確かに感じてたりしてます。

昔よりはずいぶん
まともな人間に
なったような気がします。

いったんみんな
「頭を冷やせ」と
言われたような。

どんな不幸にも
小さな恩恵
のようなものが含まれて
いるんですかね。

私は二回驚いた

さっき、かわいい後輩が
廊下で私を見つけて
「あっ!ミッちゃん!」と
挨拶してくれました。

しかし、私は
(聞こえてません)
という顔で、
ガン無視しました。

というのは、
「換気のために
開けっぱなしで!」
とされてる、
楽屋からの
リモート中だったんです。

廊下からせっかく
声をかけてくれた彼女に、
「そんな人などおらぬ!」
という態度を、武士のように
つらぬき通したのでした。

(きっとすぐ理解してくれてる)
という信頼関係が
あってのことでしたが、
私はこのように
一瞬ですぐ
ウソをつける人間です。

でも、ウソといえば
私の学生時代、
ケーキ工房でのバイト先で
知り合った女性が、
小さなウソを重ねて
いくジンブツで
心底驚いたことがあります。

しかもその中身も
せこい内容ばかりで、
何の得にもならないのに、です。

(なんでこのヒトは
 取るに足らない
 ウソばかりつくんだ?)
と、その当時は
驚きつつ、
帰宅しても彼女の言葉が
渦巻いてしまい、
ウソというものについて、
彼女の心理について、
何度もその不思議を
なぞっていたことが
ありました。

しかも、これって
なぜなんでしょう。

「おかしいじゃないですか?フフフ」
とか、
「ツジツマ合わない
 じゃないですか!ちょっとー!」
などと、笑いながらの
ツッコミというか、
問い詰めも
できそうなものなのに。

どこかそれが怖くて
言えないんです。

その人の中に何か
信じてる光景の
ようなものが
絶対的にある。

自分の中の
コドモみたいな
小さな正義がそれを
壊しちゃって
大丈夫なのか。

けれども、ある日のこと。
第三者から軽い口調で
「彼女は昔から
 虚言癖があるんだよね~」
と聞いた時は
(つか、そんな言葉があったの?!)
と、二回目のオドロキでした。

そしてその
虚言癖という言葉が、
私の内部で
くすぶってた火事を
消してくれたのでした。

私はすとんと、
フに落ちたのですね。

人知に計り知れないこと
というのが、
常に世間にはありうるのだ。

それからはもう
気持ちがうろうろ
しなくなりました。

そういう人はいる。
それをちゃんとわかる。

それだけでいいのだ。

そしてその晩、
マジ東京ってすげーな!
と、何度もコーフンして
思いました。


誕生日プレゼント

久々に渋谷の
映画館に行きました。

といっても、映画鑑賞ではなく
対談場所だったのですが。
よく貸してくださいました。

昔から素敵な映画館
ユーロスペースさん、
ありがとうございます!

大根仁監督と、
マキタスポーツさんと
ご一緒。

大根監督に私のYOUTUBEの
野上照代さんのモノマネを
誉めていただきました。

知ってる人しか
わからないあの感じ。

もう思い残すことは
ありません。

夜は、女性芸人が5人
ZOOMで集合しました。

光浦靖子お誕生日会を
開催したのです。

ケーキのロウソクも
吹いたりして。
消えたりして。

お別れには
ウチの猫がまた
カメラ前にどアップで
コーモンを見せつけにくるので
みんな笑ってました。

誕生日にマーキング。

なんでなんだ。


よだれ鶏

近所の中華料理店で
テイクアウトを
出していました。

家で作れそうに
ないものばかり
ズラリと並んでて、
お!いい店発見!
でした。

スペアリブの香草焼きや
四川風麻腐豆腐、
よだれ鶏(葱と生姜ソース)も
買いました。

どれもおいしかったです。

でも、
「よだれ鶏」って、
いかにもおいしそうで
そそられるネーミングだけど
よく考えたら
ひどい話ですよね。

自分が食べられるのに
まるで鶏が
「よだれ出てる~」
「喜んでるよ~」
「おいしそうに
見えるんだろうね~」

都合よすぎじゃ!
一滴も出してないわ!
(鶏のきもち)

三人会

ゆうべはZOOMで、
光浦靖子さん、田中卓志くんと
三人でのおしゃべり会を
開催しました。

参加してくださった皆さん
ありがとうございました。

ウチだけwi-fiが
「薄い」(←笑)らしく、
よく画像が止まってしまい、
しかも変な顔だったらしく
笑われました。

ゆるい会だったけど、
飲みながら食べながら、
ダラダラできて
楽しかったなあ。

たまに猫がなぜか
コーモンを見せに来るし。

次回は違う部屋(wi-fi成分濃厚)
からやってみたいと
思います。

ぜひよかったら
参加してみてね~!

インドア

長いおこもり生活。
花を育てたり、
YOUTUBEを
アップしたり、
料理を楽しんだり。

だんだんインドアって
やっぱりいいな~
悪くないな~と
思えてきました。
もともとアウトドア派
ではなかったのですが。

内面との対話が
できましたよね。

もし逆だったらどんなに
ストレスだったかな。

絶対家にいちゃダメ!
仕事3倍こなせ!
外に出ろ!

キー!
(頭の中の音)
バリバリバリ!
(自分をかきむしる音)
にゅる!
(何か出た音)
ブーン!
(飛んでった音)


ところで、こないだ
「ぴったんこカンカン」に
出ました。

広~いスタジオに
がら~ん。
という状態でしたが。

ぜひ来週のオンエア
観てくださいね~。

見てわからない?~序章

本屋さんに行ったら
シャッターが閉まってて、
張り紙がありました。

「しばらく休業いたします」。

よく見たら、その下に
手書きで
「いつまで休みか
書いとけよ!!」
と、ありました。

その下には
さらに手書きで
「↑口が悪すぎです」と
書いてありました。

ペンで注意しあうって
今どきなかなか見ない
光景だな~、と
思いながらスーパーに
買い物に行ったら。

私の前にいた人(中年女性)が
レジで
「袋はご入用ですか?」
と聞かれ、なぜかムッとした
感じでこう言いました。

「見てわからない?」

知らねえし!
と、私は思いましたが、
レジの方はさすが大人です。

「ご入用ですね?」(冷静)
見るとその人はバッグも何も
持ってなかった
ようなのでした。

レジの方は
ビビりもせず、
困り顔もせず。

レジの方の勝ち~。
と、静かに私の
軍配があがりました。

街にもネットにも
気持ちが荒れている
人が増えてきたような。

まさかこれがただの
「序章」だったり
しませんように。

感謝する気

コンビニに入ろうとしたら
張り紙があり、
「申し訳ありませんが、
コロナウィルスの影響で
店員が接客時にも
マスクをさせていただいてます」と
ありました。

まさか誰かに
文句でも言われたのかな。

マスクなしで接客
される方が
困るだろうに。。。

(ああ~つまらん!
やみくもに文句言ったろ。
逆らわないヤツ!
あ、いた!
ガミガミガミガミ!)
と、なるのでしょうか。

ところで今日は
薔薇の苗を
植えてみました。

ずっと前に植えてみた時に、
その強靭さに驚きました。

毎年まるで
ちゃーんと
約束したかのように
つぼみをほっこり
つけてくれるんですよね。

ハッキリ言って
見た目が繊細そうで、
とても生命力が
あるような風に
見えなかったので、
その隠された生命力が
備わっていたことに
ますます好きになりました。

水もやってないのに
雨だけで育ってくれる花。

調べてみると
あじさいや水仙も
しかりですが、
花が咲く姿は
それだけで
はげましになりますね。

「つつじ」は一位

という印象です。

高速道路ワキで
あろうと、
どんなに
過酷でバッドな
場所であろうと、
しっかり長く
花を咲かせてくれます。

えらいな~。

幸福感

またパンを焼きました。

紅茶パン一斤。

発酵時間を合わせると
ほぼ5時間と、
計量してから完成まで、
長くかかるのが
欠点なんだけど。

(せっかくの焼き立てだし、
半分、誰かもらって
くれないかな)、と
近所の知人にLINEしたら
予約あっさり完了!

2時間後には焼き上がり、
2時間半後には取りに来て
もらえることに。

時間かかることが
長所になってるでは
ありませんか。

人との予定を合わせるのって
時間かかるもんなんだよね。

気分あがりました。
ふわっふわです。

夜は、屋上で
新しいTシャツに
イヤフォンで
YOUTUBE観ながら
ピラティスをやってたら
ダンスレッスンも出てきて
ついに踊り始めました。

内的幸福感爆発。

馬の話をしようか

昔、知り合いの
おじさんから
「馬のたとえ話」を聞いたことが
あります。

あのな、馬に「水を飲ませたい」
と思ったら、馬を
水場まで歩かせて、
連れて行く。

その努力が必要だと。

ただし、そこから水を
飲んでくれるかどうかは
馬にしか決められない。

なんでもかんでもただ
努力すればいいって
もんじゃない。

無理ってもんが
あるんだと、
わきまえてた方が
道理が早い。

みたいな話。

なるほどー、と
思いました。

(いつかこのたとえ話を
 使ってみたいな~。)
(なかなかチャンスも
 ないものだな~。)
と思ってたら。

きのう車の中で
マネージャー・タナカさんが
ちょうどこんな
話をしたではありませんか。

「父親の聴いている
ラジオがちょいちょい
うるさいので、ある日
ヘッドフォンをプレゼント
したんだけど、
一回つけただけで
すぐしなくなってしまった。」
と。

今だ!
今しかないぞ!あのたとえ話。
と、私は思いました。

でも口から出かかった
「馬にね、、」
と、始まるのが
いかにも失礼。

使いどころが難しい。
というか、ない。
今後もないんだな。

じゃあ私は
いつどこで
何をしたから
この話を
聞かされたんだっけ。

反省すらしてないという。
水場には行ったんですけどね。

そのうちにね

きのうの散歩途中、
たくさんの色んな花が
「咲いてみせるぞ」
という顔をしていました。

コロナ無視する世界。

つぼみが(さあ行くぞ)
という顔をしていて、
めっちゃ可愛い。

花を育てることを
小学生以来
してこなかった私ですが、
久しぶりに花の種から
夏に向かって育てて
みることにしました。

こういう何かに
トライしたり、
生産性のある事は
好きなんだけど、
ダメなのが
片付けやしまうこと。

これまで自分の
クローゼットが
片つかないのは
「忙しい」からだと
ばかり思っていましたが。

時間はたっぷりある昨今、
そうじゃないわな、と
よくわかります。

私の好きな言葉
「そのうちにね」。

この言葉が呪文となって、
私の手をこばむのです。

言霊って怖いわねえ~。

(横になったまま渋い顔)

犬ではなかった。

散歩に出かけたら、
信号待ちのところで
中年の男性が
「おい、あれ見てみろ」
と、小学生くらいの
息子さんに言いました。

私もさり気に
チラッと見たら、
すごいカッコいい
大型犬を二匹
散歩させている人が
いました。

「いいなあ。」
と、お父さん。

確かに、いいなあ、と
思う光景です。

「大型犬を二匹も
飼えるってのは、
でっかい家じゃないと
無理なんだ。
いいよなあ、
住めたら。」

犬じゃなかった。

犬の奥にあるものを
見ていたのでした。

ササミを忘れんなよ

3日に1度の
スーパーへ。

ちゃんと守って
いますとも。

歩いてる途中、
背後で若い男性から
「DVDを盗むなよ」
と言われて、
ぎょっとしました。

いまどきDVD?
どゆこと?などと
思ってたら、私を通り越しても
ずうっと同じ言葉を
繰り返してました。

よほどのウラミが
あったのか、そういう
ラップの練習なのか。

オレんとこ来ないか?
みたいな感じの歌なのか。

しばらく考えてたら
買いに行ったはずの
ササミを買い忘れてました。

ササミを忘れんなよ

米と恥

ずっと昔、番組で一緒だった
フジテレビスタッフの
多胡ちゃん。

すっかり生き方を変え
農業につき、
今やなんと水戸で
農業学校の先生に。

人生何があるか
わからんものですなあ。

お米を送っていただきました。
しかもおいしかったです。
学生さんたちが作ったもの。

2020050101.jpg

HPで通販もしてるみたいで
さっそく次回の注文をしました。

それにしてもyoutubeの
シミチコチャンネルにアップした、
「清水ミチコ物語」の、
平均視聴率がなんと2分!
(5分ほどある)

途中でやめてしまうらしい。

せめて3分半まで
頑張って欲しい!

オチがないままだと
シリアスだけで、
私めっちゃ恥ずかしい。

(チャンネル登録よろしくね~!)