2015年12月のエントリー

武道館公演

武道館公演、
見に来てくれた皆さん、
ありがとうございました。

矢野顕子さんが
ゲスト!

8000人もいる!
ってことだけでも
凄いのに
矢野さんといる!
ってのがさらに
胸にカッときました。

あとは
やりたい放題。

あ~、楽しかった。

好きなことだけやって
生きていけるのか
現在試運転中。

そのうち写真を
アップしますね~。

お正月は
旅行に行くので
ブログもしばらく
お休みしま~す。

このブログを
読んでくれてる方、
いつもありがと~!

よいお年をね。

ヤンキー

今度は武道館の私の
カメラマンとして(器用)
遊びに来てくれる
弟のイチロー。

パジャマでも買ってやるか、
と近所の安いショップに行ったら、
スターウォーズのロゴのが
あるではないですか!

1229_02.jpg

すっかりラッキー!と思い、
裏を見返さなかった。
私にはそれが失敗。

家でふと
広げてみたら。

1229_01.jpg

背中にこんなハデなのが
ついてんの。
殺す気まんまん。

ま、寝るだけだから
いっか、、、、。

ヤンキーがウチにやってきた。
みたいになりそうです。

優しい文字

先日お会いした
剛力さん。

プレゼントを
いただいたのですが。
その香りの
説明が、わざわざ
手書きだったのに
カンドー。

「ブログに乗っけてもいい?」
と聞いたら
「い~ですよ~」。
あのファルセットでニッコリ。

香りは無理でも、
この文字の優しさは
なんとなく伝わりますでしょう。

そういうコなんだよな~。
(知ったかぶり)

なかなかできないこと
だと思いました。

ありがと~!

IMG_8620.jpg

ライオンは印度の裏に

友人と渋谷で
待ち合わせ。

早めについたので、
昔行ったことがある
クラシック喫茶「ライオン」へ。

印度料理・ムルギーの
すぐ裏手にございます。
この看板も、

「インド」でなくって「印度」と
なってて、それだけで
めっちゃおいしそう。

IMG_8608.jpg

20年ほど前に
一回入っただけだけど
この喫茶店の
異空間は
健在だった。

そして
すごいスピーカー。
迫力が違う。

チラシの
文章を読むと、
時代を感じます。

「世界的のライオン」に
なってたんですね。

もう名前がすでに
世界的な
動物王なのに。
さらに。

IMG_6495.jpg

文字のロゴもめっちゃ
かわいいな~。

痛快時代劇

番組で剛力彩芽ちゃんと
ご一緒しました。
可愛い。
なんていい素材なんだ。

そして午後はなんと
「婦人公論」で
内海桂子さんと対談!

年齢のふり幅
ハンパない。

ちゃんとお話しするのは
初めてなのですが。
写真撮影のとき、
「師匠は三味線を片手に」。

おっ、と思って
「梅~は~ 咲いたか~」と
ちょっと歌ってみたら
すぐに合わせてひいてくれ、
二番の歌詞を教えてくれ
一緒にハモってくれ。

もう一回。

快感。

「そろそろ対談の方を」
と、「婦人公論」のライターさんが
公論したがってるのに、
無視してもう一度
最初から歌う二人。

痛快時代劇だ。

「アタシね、芸歴80年なんだよ~」
ですって。
すご~い。

ざっと話してくれる
師匠の人生も豪快でやさしく、
そして一見、
哀しい出来事ですら、どこか
サッパリしてる。

あきらめがいい
っていうのかな。

こうでなくちゃいけない。

いかにも東京の人ってカンジ。

しかも、気がつけば
言葉使いがきれいでおられ、
30年下の旦那さまも
師匠にはちゃんと敬語で
いらっしゃった。

敬語師匠だ。

お会いしただけで
運気上昇。


アサリ 取れたか 
ハマグリ まだかいな 
アワビ くよくよ  片想い 
サザエは 悋気で 
つのばっかり  しょんがいな~


悋気(りんき=ヤキモチ)
だそうです。

あと9年364日

隣の楽屋から
「メリークリスマス!って
挨拶したのに、
返してくれないんだよ~!」
という声が
聞こえてきました。

わからんでもない。

まだ日本人には
まぶしすぎる
軽すぎる
「メリークリスマス!」
という返事。

「できるよね?返事。」
というさりげない信頼も、
腰をあげるには
荷が重いという。

(ひと芝居打ちますか)、
に、まだ時間がかかる。
おおげさか。

しかし、あと10年もすれば
きっと、この感覚も
だいぶ変わると思います。

待っててください。
あと9年364日。

ところで、
今年のクリスマスイヴ、
そこはかとなく
原宿が、街が静かな気が。
あれ?
こんな上品だったっけ。
色使いがきれい。

ハロウィンで
祭りのエネルギー
使ってしまったって
カンジなのかな。

パーティピーポーにも
体力重視説浮上。

仙台公演

仙台公演に観に来てくださった
皆さん、ありがとうございました。

いつも明るい仙台市民。
「オープニングの曲で
もうウケてます!」と
スタッフ。

早い!!!

こっちがパワーもらうって感じ。
面白がってくれる体質
というんでしょうか。
つられて笑っちゃった。
(つられるなよ)

楽屋には
炊き立てごはんに
スープ、そして
たくさんのちまきや
ほかほかの肉まん、
湯気がうれしい季節の
ごちそうが。
愛情あふれてるううう。
ありがと~!

来年の宮城・
ARABAKI-ROCK-FES
も楽しみになってきました。
ARABAKIのスタッフも
観にきてくれ、差し入れに
牛タンラー油、ごちそうさま。

東北に来れば、いかに
好きになっちゃうところかを
知ってもらいたかったけど、
弟は、また一人
ライブの後半で日帰り。

悪いわね~!

STARWARS

楽しみにしていた
映画「STARWARS」を
観てきました。

一人で。
一人でよかった。

ものすごく
泣けて困った。
感動した、、、。

キャリーフィッシャー、
昔はなんてかわいくない
姫なんだ、と
思ってた私を許してください。

そして
愛しやチューバッカ。

帰宅して、オットに
いかによかったかと
話しはじめたら、
また涙で声が
うるんでしまった。

ありがとう塩。

知人から塩ジャケを
一匹もらいました。

実は毎回、これが
ものすごく
しょっぱい。

さばくのもしんどい。

ま、毎度
オットがやるんですけど。

オットも私も
実は料理がなぜか大好き。

でも二人で
キッチンに立つのは
嫌なんですね。

どっちか
暗黙で決めてます。

で、今年は
塩抜きの水につけるのを
時間を長めにして、
何度も水を
変えてみることにしました。

そしたら。

なんということでしょう。

ものすごく
おいしかった。

正直、
10年かかった。

心からの
お礼を、今日初めて
言いたくなったのでした。

料理の面白さは
こういう、
生活と密着しながらの発見に
あります。

古代、サラリーマンの
サラリーの語源は
「塩」というほど貴重なもので、
塩漬けにすれば
食糧がもつ。

それを大切にしてきたんだ、
ありがとう先祖。

ごちそうさまでした。

紅白特番

紅白特番に
出ました。

好き放題言う人が
多すぎで
笑いました。
(おまえが言うな)
面白かったけど。

ミッツ・マングローブさんの
おかげで
桜田淳子映像を
たくさん見られました。

今見てもきれいだった。
斬新な映像も
たくさん。

紅白はいつ見ても
めでたい気持ちに
なります。

そしてその前日は
野沢直子会。

あいかわらず着こなしが
上手だった~。

どんなオシャレ芸能人でも
「普段はこんな恰好なんです。」と
ラフなジャージ姿みたいな人も
多いけど、世界の
NAOKO・NOZAWAは
普段着でもダラッとしてるの
見たことない。

そして言ってることや
テンションも
テレビとそう違わない。

アホを演じてるんじゃない。
本当にそのまんまなんだな~。

お菓子の匂い

このあいだ、森山良子さんの
CDに歌で参加をしてきました。

いつも上品な森山さん。
そしていつもにこにこ。

まわりにいらっしゃるスタッフの
皆さんも、リッチな感じ。
短かったけどとても
楽しい収録でした。

ご近所で購入されたという、
おいしいお菓子も
たくさんいただきました。

平野レミさんは
「森山良子さんはいつも
いい靴を履いているの!」
とおっしゃってましたが、
私にはいつお会いしても
おいしいお菓子に囲まれている方、
そして差し出してくださる方、
甘い香りに包まれている方、という
印象でもあります。

お誘い、本当に
ありがとうございました!

ARABAKI ROCK FES

来年の4月、
ARABAKI ROCK FES
に出演が
決まりました。

皆さん
ぜひいらしてくださいね!!


「フェス」の語尾を下げずに
上にあげる言い方で、
いかにも慣れてる感を
だしたいと思います。

鬼龍院翔さんの「ひとり武道館」

鬼龍院翔さんの
「ひとり武道館」を
観に行ってきました。

なんと、今年の
お正月の私の武道館も
見に来てくれた
鬼龍院さん。

知らなかった歌も
たくさんあって、
メロディメーカーだったんだ
と、思いを新たにしました。

そしておかしかったのは、
MC。

「武道館でシモネタをやっちゃ
いけないそうなんです。」

会場いっせいに
(へえ~!)

「リハのとき、メンバーが
下半身を露出したら
(おい、ヤメた方がいいらしいぞ!)って
言われました。」

会場いっせいに
(へえ~!)

「あ、どんな会場でも
ダメですかね。」

当たり前だろ!

笑ったわ~。

憂、燦々

20代の若者らと
カラオケに行きました。

「誰のファンなの?」
と聞いたら
「クリープハイプ!」

と、言ったので、
(ちょうどいいや、
試してみるか)と
たまたま最近
聞いていた
「憂、燦々」を
歌ってみたところ、
なんと、身体を折り曲げて
笑ってました。

私にとってはすごく表面的な
モノマネ。

「これ、面白いんか?」

と聞いたら、
「ハッキリ言って半分は
ムカツいてるんですけど。」

とのこと。

もうちょっと
声を深く聞いてみて、
音声だけでなく、
ちゃんと心理を
身体に会得してから
いつかどこかで
出してみようかな。

あの虚弱的で
ナイーブな感性、
そして高い声は
すぐモノマネが
できそう。

それなのに、
つか、
それゆえに
すぐに「バカにしてる」
みたいになりそう。

特徴的な声は
不思議なもので
そうなってしまうと、
なんだか
ちっともお互いに
やる側も
受け取る側も
面白くなくなって
しまうんですよね。

案外ヒトは
軽んじたネタ
に対してヒきやすい。

すぐヒくもの
なんですね。

まさに憂、燦々
です。

夢で弟が5歳くらいで
出てきました。

なんてかわいいのだ!

でも、いったいなんでこんな
姿にもどれたのかな。

ああ、そうだった
そうだった。

最近の世代は
こうやって、希望されれば
その時代に姿が
もどれるんだったな。

すごいなあ~。
お父さんも喜んでいるだろう。
お母さんは慣れた様子だった。

さすが夢の世界。

弟をヒザに抱きながら
「タナカさんに
この姿を見せたいから
一緒に写真を撮ろう。」
と言うのに、弟は
死んだ魚を発見してしまい、
「わあ」、とただただ
見つめ始めてしまう。
つっついていいか、
迷ってるみたい。

困った。

私には
時間がないのだ。

タナカさんとオット、
私と、なぜだか
クリス・ハートさんの四人組みは、
とっくにヒトの家に
忍び込んでおり、いつものように
泥棒をしている最中
だったので
弟は早く魚に飽きないか、
警察が来るのではないか、
なんでみんな
どっちかっていうと
正義感が強い方なのに
こんな職業を選んでいたのだ?
などと考えながら
と、じりじりしていた。

めちゃくちゃだ。

ヒトの曲をカバーするのと
モノマネが混同し、
どこかで良心が
痛んでたのでしょうか。

カイロプラクティック

恵比寿にあるカイロプラクティックに
行ってみたら、
素晴らしかった!
と、メイクの岡崎さんから
聞いていた私。

こないだ突き指を
しちゃったので
念のため
行ってみました。

噂どおり
なんて丁寧なんだ。
なんて親切なんだ。
でした。
並々ならぬ
カイロへの情熱を
感じ(でもうるさくない)、
プロたるもの
こうでなくては、と
感心いたしました。

恵比寿ACカイロプラクティック
という名前でした。

クリスマスソングセレクション

NHK-BSプレミアムで
12月24日(水)放送の
「あなたに贈るクリスマスソングセレクション」で
ビビる大木さん、松下奈緒さんと司会。

ネタも歌わせてもらいました。
ぜひ見てね~!

羅列

こないだ、ニュースで
「犯人から押収された盗品」
を、ブルーシートに
並べられた光景が
写されていました。

なんというか
並べ方がきれい。

そんな事
思っちゃいけないん
だろうけど。

たまに盗品の
「女性のパンツをこんなに」
という映像もあります。

あの画像、いるの
ですかな。

「ちょっと見てくださいよ。
下着泥棒の野郎が
こんなに、
なんですよ、奥さん。」

みたいなカンジで
笑っちゃうんだけど。

律儀に、盗まれた人の
パンツを等分に羅列していく。

そんな任務の大人の仕事を
想像してしまうから
いけないんでしょうか。

でも、海外には
なさそうな
気がしました。

やっぱどこかで
几帳面なとこが
あるんでしょうね。

フクロウカフェ

先日、ロケで
フクロウカフェに
行ってきました。

IMG_8456.jpg

動物好きな私。

IMG_8457.jpg

幸福感に満ち
溢れ、たまらん!

IMG_8458.jpg

動物を見ると、
なぜか、ああ神様って
いらっしゃるのであるに違いないと
思っちゃう。

IMG_8459.jpg

ピュアすぎ・2

年末にさしかかると、
テレビ局の廊下では
誰も疲れ切った
タレントさんと
通り過ぎるのが
当たり前な風景。

どんな若い売れっ子だって
そうなる。

トップになるほど
疲労して
しまうんでしょうね。

それなのに、今日は
廊下で、パ~ッと明るく、
にぎやかな
光景が近づいてきた。

白けてない。

まぶしい。

あ、新人さんかな!
と思うと
また「ももクロさん」だった。

ええええ。

あなたたちほど
肉体労働者は
いないでしょうに?

だった。

ももクロって
ホントにすご~!

どうやったらこんな
いつも気持ちが
新鮮でいられるのかな。

しかもこの番組での本番では
「静かに!」と
注意した。

それほど
きやっきゃきゃっきゃ
してたので。

しかし、
きやっきゃきゃっきゃなどは、
普通の売れっ子は、
実は年末には
なかなかできない
体力なのだ。

ひっそり
「私、こないだのイベント
すべってごめんね!」
と、あやまりたかったけど、
その清らかさは
それすらゼロにしてくださった
ようだった。

口に出さないで
いいです!
みたいな雰囲気。

ありがとう~。

後輩なのに
さりげに先輩っぽいほど
大したジブンツなのでした。

カッコ内の言葉
いる?

1207.jpg

ピュアすぎ

和田誠さん、レミさん、
南伸坊さん、大竹しのぶさん、
阿川佐和子さん、三谷幸喜さん、
八木亜希子さん、吹石一恵さんらと
食事会。

1つのテーブルを
みんながかこめる
形だったのですが、
気を抜くと、みんなつい、
吹石一恵さんに質問が集中。
「ここまでで~す。」、と
私がマネージャー役で
止めたりして。

大竹しのぶさんは
こないだ、TVで
私のやってた
「モノマネ、見ちゃった」、と
かわいく言うので、
私はてっきり
原口あきまさくんとの
夫婦役かと思ったら、
「そっちは見てないの。。」。
http://bit.ly/1Tt9kGq

「なんか~、ピアノで歌ってた~」
と言うので、
「ああ!わかった。
"男って、、、すぐ私の
しゃべり方にだまされるんですよね、、"
(と、モノマネで)
って、自分でいうヤツね?」

と言ったら(ひどい)、

「あれってさ~、
わたし~、いつかそう
言ったんだっけ?」

「言うわけないでしょ!
普通!!」
でした。
ピュアすぎ!
いつもかわいい。

シンクロニシティ

幻冬舎のキクチさんから
メールがありました。

「『私の十年日記』が
増刷となり、1万5千部を
突破しました。」
とのこと。

わーい!

今日はたまたま夕方から
来年の出版の
打ち合わせ(宝島社)
というタイミング
だったので、なんか
縁起がいいって感じ。

さらに生放送のビバリーでは
「機内アナウンス」について
ネタにしてたら、
数時間後、たまたま
機内アナウンスの依頼が
あったそうな。
アテンションプリーズ。

さらに、私は
ツイッターで会ったこともない
「ボーナムさん」という人の
ツイートが面白くって、
しょっちゅうリツイートしてるんだけど
それに興味を持った
野沢直子ちゃんが、
帰国したての今日、
たまたま渋谷でボーナムさんと
遭遇したそうでした。

私ですらまだ
会ったことないのに。

こんな日が
あるんだな~!