menu

4325.net

blog

未分類

ふつうにヘンタイ

投稿日:2015年4月26日

今日のライブはすご~く
よかった!
自分でもおかしかったけど、
それだけじゃなく、
笑えないほど
マジに、す~っと誰かに
なってしまっていました。
快感の解放。
笑いでもない。
っていう
こっちの面白さも
なんというか、
あるんですよね。
コレを、なんと
言い表せばいいのかな。
言葉でうまく
言えないもんで、ホント
むつかしいんですけど。
脳ミソの共感
っていうかね。
私はこっちも
実は大好き。
むしろ、正直に言うと
笑いなんか
いらないときが
おおいにある。
お笑い芸人じゃなくて、
ふつうにヘンタイ
なんじゃないのかな。
ヘンタイ(metamorphosis)とは、
「動物の正常な生育過程において
形態を変えることを表す」。
なのだそうだ。
幼いころから
誰かになりたい、
なりきってみたい、
という気持ちだけは、
この業界にいても、
誰にも負けない
気がする。
似てるとか
似てないとか
など、他者を介す前に
すでに沸き起こって
始まっている
自分の快楽。
私≦あのヒト。
女のパンツを盗むヘンタイが
逮捕されたら
世間に笑われる。
けど、
その『とる』瞬間に
息をひそめて命を懸けるような
妙な真剣さ、純粋さを見たら
きっと誰も
笑えないんじゃないか。
ま、もっとも
ミジメな姿なんですけど。。。。
爆笑かもしれんけど、、、、。
でも、今日盛り上がったのは
私のことをよ~く
知っててくださった
司会のブルボンヌさんの
お導き(ネゴシエーション)の
おかげです。
ありがとうございました。
つか、単純に
ゲイの皆さん、
いつも本当に
応援ありがと!

twitter