チッキショー!

ドラマ収録のとき、
映画「JOKER」がすごかった!
と聞いて、
収録後にやっと観てきました。

みんなその芝居に
コーフンしてる
カンジで話してたんです。

さっそくタナカさんと(またかよ)
帰りに行ってきました。

面白かったし、
スリルはあるし、
なにしろ悪いヤツが
可哀そうなので
初めての感情にぶつかる。

応援したいような、
してしまう自分を
たしなめたくなるような。

悪いヤツがいて、ヒーローが
ボッコボコに倒したった!
なんて世界は
もうアメリカも卒業したんだなあ。
(何様)

初めての殺人の
あとの妙に
スローなダンスは
特に不気味だった。

何かが始まった
という踊り。

あと、顔の白塗りは
「何がジェーンに起こったか」
の主人公のジェーンが白くて
すっごく怖かったけど、
志村けんさんのコントでも
そうですよね。

人が何か常軌を逸している状態が
すぐわかるという。

恐怖は笑いと
隣り合わせなのか、
ピエロも白い。

でも何も、コメディアンに
憧れなくたって
よかったじゃないか、と
余計しょっぱい気持ちに。

チッキショー!
(小梅太夫の声)

HOMEへ戻る