2018年12月のエントリー

2018

今年ってどんな年だっけ?
と、ふりかえると
1月は台湾旅行へ行ってて、
2月は三浦大知さんのライブへ。
3月はサンプラザで自分のライブがあり、
4月はディズニーランドで友人たちと宿泊。
5月は阿蘇ロックフェスがあって、
6月は森山良子さんとのWOWOW番組開始。
7月はフィンランド旅行。
8月はロッキンジャパンに出て
9月は山人音楽祭、
10月は台湾ロケ、
11月は弟と徹子の部屋に出て
12月はお正月の武道館のネタ作り。
大きく思い出すとこんな感じ。
遊んでばっかりみたいだけど、
幸せな一年として、印象的な年でした。

来年もよろしくお願いします!
よいお年をね!

Hey! Say! JUMP

ご招待いただき、
初めてHey! Say! JUMPの
コンサートに行ってきました。

きっとすごく
豪華なんだろうな、とは
思っていたのですが、
本当にすごかった。

ディズニーランドの
エレクトリカルパレードのように、
初心者もカンゲキできます。

繊細な噴水、胸を熱くさせる炎、
バンドとしての生演奏、
華麗なダンス、面白いトーク、
打ちあがる花火と、
ずうっとすごかったです。

ショービジネスのお金だけは
湯水のような使い方ほど
正しいものはない、と
思いました。

でもって、無料とも思える
本人たちと、
お客さんの心には
一番ぐっときました。

いい子!

たとえば誰かのMCの途中で
「〇〇くん、大好きー!」みたいな
その場を若干
乱すような掛け声のコが
一人もいないのです。

みんなでわかちあおう!
そういう気持ちで満杯。

5日後には私も武道館の
本番があります。

大勢の人に喜んでもらえる、
というまぎれもない幸せに、
安易に(もっとこうすべきだったか)
などとイタズラに自己評価を
下げたりしてはいけない。

当日は日本一、
無責任に喜んでいよう。
とまで思わされました。

いやはや、ライブってのは、
素晴らしいもんですね。

しょげたいい話

私の知り合いAさんは
あるお鮨屋さんが大好き。

高いけど、
一年に数回、
行けるその時間が
うーんと楽しみ
なんだそう。

ある日、
家族でお祝い事があり、
予約してその店に行ったらしい。

ところが、お子さんが
「カウンターは
恥ずかしいから食べにくい」
と言うので、しかたなく座敷へ。

「家族だし、そんなの
言わなかったけど、
座敷で食べる鮨なんてね、
アレは短い出前なんですよね。
本当にガッカリしちゃった。
やっぱりなんというか、
一度運ばれてきた。
そりゃなんか違うって。。
握りたてのうまい鮨じゃない。
まあ、ガックリきて。あの時は。
食べましたけどね。
値段同じって、、、。
まあ、そりゃそうなんですよね。」

言い方にすごく
ショゲた感じがあって、
なんだかぐっときて、
いい話だとすら思えました。

共感できる。

大人計画30祭

松尾スズキさんが主宰する
大人計画の30周年イベントがあり、
私もゲストで昨日今日と
歌を歌ってきました。

大人計画用のネタも
作りました。

楽しかったな~。

立ち見のお客さんもいっぱいで
スパイラルホールは
カオス状態でした。

写真展も充実してて、
面白かった。

本当にこんな軟弱そうな
青年が立ち上げたのだろうか、、。
と、思えるほど、
ほかの皆さんも
青白い時代がよかった。

楽屋では女優の
のんちゃんと一緒で、
CDをいただきました。

私からはお礼に
清水ミチココースターを
プレゼント。(格差)

しゃべっているうちに、
こっちまで
心がきれいになりそうでした。

表参道

クリスマスイヴ、
女友達らとごはんへ。

ところが、「辛くておいしい」で
有名なお店に予約して行ったら、
本当に激辛すぎて、
後半、泣いてばかりいました。
目にくるのです。

残すのもったいないから、
と、頑張って箸をのばすのも
悲惨で、笑えてきました。

何の戦いなんだ。

イブになんでこんな
バツゲームみたいなことに
なっているのか。

せめてケーキを、とカフェに
行ったのですが、
ケーキも終わったみたいで、
黙ってお茶だけ飲みました。

表参道はイルミネーションで
キラキラしてて、まるで土地が
「君たちの来るとこじゃないよ!」
と、微笑んで手を振って
くれてるみたいな輝きでした。

PLAY

また武道館VTR作りを
しました。

面白かった~!
(自分で言う)。

途中で
「このあと私、
シゴトなんだ~」、と
言ったら、
映像の伏原さんに
「この撮影はシゴトじゃないんですか」
と、笑われました。

あんまり楽しかったもんで、
本当に遊んでたみたいな時間だった。

まだもっと遊びたいな~。
(だから仕事だっつの)

演じる、演奏、遊ぶ、
と、複数の意味を持つ
PLAYって言葉は
こういうところから
来てるのかも。

誕生日

コドモが帰宅して
「遅くなったけど
誕生日おめでとうお父さん」。
出た、いい子ちゃん。

便乗してみんなでごはんへ
行きました。

プレゼントに
スリッパを買ってましたが、
ちょうど買い換えるころという
ナイスチョイス。

障害を持つお子さんたちの
施設で働いているコドモ、
手がガッサガサで、
クリスマスなマニキュアをした
私の手と比べると、
どっちが親かわからなくなります。

帰りにカラオケに行き、
クリープハイプと
くるり三昧。

そして倒れこむように
爆睡してました。

お疲れさん。


雑誌系のインタビューに
答えたら、
ご意見番、清水ミチコが言う!
みたいな見出しになってた。

ご意見番、やな言葉だな~。

ご意見はまだ
いいんですよ。

問題は「番」ですよね。

番って何なんだ。

なんか私、座ってますよね。

ダルマさんがころんだ

寒い~!
と、思いつつ近所で買い物。

セーターとダウンで、
ダルマのように
ブクブクに着込んで
出かけました。

雨がふってたようで、
うっかりツルツルしたところで
すっころんでヒザをついて
しまいました。

顔真っ赤。

私のスニーカー、いつかここに
書いたけど、某ブランドで
デザインが気に入って
買ったら、なぜか靴裏がツルツルで
雨のあがったときなんか危険。

それすら忘れてたという。

オシャレめ!
アノヤロー!

と思いながら、
恥ずかしかったので
特に痛くないですけど何か
という顔で帰宅しました。

武道館

1/2の日本武道館での
私たちのライブ、
ななめ後ろ2階席のチケットも
発売されることになりました。

ちょっと見えにくい席ですが、
ナニ、すぐ慣れます。

なぜそんな事を
言いきれるか
というと、私も過去、
お客さんでその席に
座ったことが
あるからです。

忌野清志郎さんの
武道館ライブだったのですが、
はじめはドキドキしましたが、
(自分がみんなに見られてるみたいな
視線の方向なんですよね)
どんどん慣れて楽しめました。

思えば私の初・武道館も
忌野清志郎さんのコンサートでした。

皆さんの初の武道館は
どなたになるのかな。

来年はオリンピックのため
工事が入るみたいなので、
今の形のステキな武道館は
見納めとなるかもしれません。

新しくなっても、
あの客席と近いステージの感じや
客席同士も不思議と密接な空気感が
そこなわれませんように!

ちょっとCM

そういえば藤井隆さん司会の
大阪の生放送で見た、
上田正樹さんの「悲しい色やね」
のくずした歌い方が
忘れられません。

「YES!」とか 「NONONONO!」
など、英語をたっぷり入れて
編曲、編詞まで
なさっているので
別の歌みたいに
よみがえってました。
いつか絶対誰かがマネする。
そんなパワーがありました。

ところで、明日は
北海道文化放送で19時から
「発見!タカトシランド」、
楽しいロケでした。
北海道の方、見てね!

22:24からBS朝日で
「My Anniversary SONG」
で、なんとちゃっかり弟と歌ってます。

よかったら見てくださいね~!

藤井隆先生

藤井隆さんとご一緒しました。
あるVTRを作ってもらったのですが、
軽く頼んだつもりが、
仕事が驚くほど丁寧で、
すっかり感動して帰宅しました。

藤井さんは大阪のNHKで司会をし、
そのあと星野源さんの
「オールナイトニッポン」に出て
今朝は早くから私との
8時間にもおよぶ撮影。

まわりのスタッフさんにも腰が低く、
明るく、優しくひっぱってくれ、
すっかり尊敬でした。

思えば新喜劇を愛しながらも、
歌では紅白に出て、
ドラマは大ヒット、
野田秀樹さんらの演劇界の常連であり、
鬼奴さんらとライブ活動を続けていると
活動の中身が濃厚で、
必ず結果を残してる藤井さん。

裏方にも才能があるとは。

私のまわりのスタッフもすっかり
ファンが増えてました。

藤井君、ホントにホントに
ありがとう!

関根勤さんの番組
「東京クラッソ!NEO」(TOKYOMX)
に出ました。

席に着いたら、
大橋未歩アナから
「今日も一番右ですね」と
笑われました。

帰宅して読み始めた、
能町みね子さんの
「私以外みんな不潔」が、
めっちゃ面白い。
こういう手法が
あったんですなあ。

話題の
府中三億円事件の本も
購入しました。

読書の12月です。


ごちそう

山口でライブがありました。

来てくださった皆さん、
ありがとうございました!

盛り上がりましたね。

また行かなきゃ。

プレゼントもたくさん
いただきました。

でも、やっぱりみんなが
笑ってる場所の空気が、
なによりもおいしい
ごちそうです(清水ミチコです)。

今夜は日テレ生放送
「THE・W」の
ゲスト。

楽しみだわ~!


先日、女性誌の取材が
ありました。

撮影の時、カメラマンさんが
「風が欲しいなあ」といい、
言われたスタッフさんが
「はい!」と
扇風機を取り出し、
私に向けてくれました。

扇風機、ブーン。

そして私は
ふと見てしまいました。

わからない感じで
マネージャーが
笑いをこらえていたのを。

両手

TBS「櫻井・有吉THE夜会」に
出ました。

知り合いが
プロデューサーの一人になってて
びっくり。

もとタレントの
マネージャーだった方で、
話が面白い男性。

タレントさんは大ベテランで、
たまに誰かと
相撲を取りたがり、
マネージャーさんに声が
かかることもたびたび
あったんだとか。

でもまさかご本人を
負かせるわけにも行かず、
「ああっ!やられましたあっ!」と
負ける芝居がどんどんうまくなって
行った彼。
そんな事ですら、人間
進化するんですね。
日々精進。
昔は
「それでも男の仕事か!」
と、笑ってた私でしたが、
今日は
「偉くなったんだねえ。
じゃあ、久々に相撲取るか?」
と、両手を広げてやりました。


素材

来年、一月二日の
武道館にむけての
素材作り。

ネタやVTRなど。
楽しい作業だな~。

いいものになるといいな。

シークレットゲストも
すごい方をおさえちゃった。

ゲストも素材の
いい人ばかりです。

皆さん、ぜひお楽しみに
いらしてくださいね~。

やっぱりライブは
楽しいな。

変なトリオ、変なコンビ

めずらしく、
江頭2:50さんと
光浦靖子さんとで夜、
ごはんを食べました。

エガちゃんとは若いころ、
レギュラーでご一緒
してた仲なのです。

へんなトリオですが、
よく食べ、
よくしゃべりました。

ところで、
12月5日はBSプレミアムで、
「ぐっさんのトラック旅 台湾編」、
午後9時からです。

観てみてね~。

こちらも
へんなコンビ。

オール読物

文藝春秋「オール読物」で
南伸坊さんと
能町みね子さんと私とで鼎談が
ありました。

部活みたいに
楽しかった。

好奇心の塊みたいな人との
会話は面白いなあ。

毎年呼んで
もらえますように!