カネさえあれば

最近、なんでもカードに
たよってしまっている私。

お財布の中身も
現金入れ部分は
スッキリし、
薄くなっています。

それが当たり前になってた
のが、さっき悲惨なことに。


しっかり予約もしてた
お芝居を観に行くのに、
その薄いままの財布で
入ってしまったのです。

「7,500円です。」

あっ!
お金がない!
5000円札
一枚しかない!

「すみません。別のお財布を忘れて
しまいまして。」

と、しどろもどろで
わけのわからない言い訳で
入れてもらい、
明日の支払いにしてもらいました。

ものすごく
恥ずかしかった。

前半の芝居など、ぜんぜん
頭に入ってきませんでした。

こんなに心から
ゲンナマが欲しい!
この手に!
今すぐ!

そう叫びたいほど
思ったことはありませんでした。


HOMEへ戻る