ジンブツ

野沢直子ちゃんが
弾丸で帰国しました。

KABA.ちゃんと私、
マネージャー・タナカの四人で
またごはん会。

結局ずっと笑ってた
5時間だったけど、
天地真理さんなど、
すごい昔の話にだけ
花が咲いてしまい、
いったい30代に
なったばかりのタナカさんは
楽しめてるのか?

貴重な青春の時間をいつも
老人につきあわせて悪いなと
思ったけど、
さすがマイボトルに白湯を
入れてる人間。

普通にひょうひょうと参加し、
直子ちゃんらにとても
好かれつつ、
お店もしきってくれてました。

こういう、なんというか
世代とか学歴とか
キャリアとか、なんでだか
わからないけどすぐ超えて
一緒になれる
「ジンブツ」って、
いつの時代も
なんだかいるんですよね。

そこに苦労もない。

なのに、才能とくくるには
地味すぎる中身という。

誰かこの技能の
言葉を作ってくれないかな。

面接などで「何もできませんが、ただ」
と、続いて言われたら、
ものすごく合理的に
「会社にとって魅力だらけの言葉」
だと思います。


HOMEへ戻る