2017年7月のエントリー

怒りと女

ある女優さんのブログの怒りが
治まらなかったり、
その前は女性政治家が
秘書を怒鳴りつけたり、
と、今年はなぜかよく女性が
怒っています。

さっき、ふと
「なつかしの名曲!」みたいな
番組を見てたら
かぐや姫の
「神田川」が流れてました。

ふとイタズラに
うがった聞き方を
(怒りの気持ちで聞く)
してみたら。

「一緒に出ようねって言ったのに
いつも私が待たされた(怒)

洗い髪が芯まで冷えて(怒)
小さな石鹸カタカタ鳴った(怒)

あなたは私の体を抱いて(怒)
冷たいね、って言ったのよ(激怒)

若かったあの頃
何も怖くなかった

ただあなたの優しさが
怖かった(マジひくんだけど!)」

みたいな。

きっとその時代は
「男尊女卑など、もう古い」
なのであり、
男女平等でありながらも、
男の不器用さ、身勝手さを
「ちょっと擁護してあげる」
って女性が、なんだか
よかったんですね。

休日!

午後まで眠って
マッサージに行き、
買い物して
お芝居へ。

三谷幸喜さんの
「子供の事情」。

お隣の席の
長澤まさみさんと
一緒に
すごく笑って
たくさん泣いた。

楽屋挨拶軍団も
廊下からみんな
すでにニコニコしていた。

いい休日だったな~。

草笛さん

7月はずっと
NHK-BS「定年女子」の
撮影があり、
早朝から夜中までの
拘束が当たり前の
スケジュール。

役者って、マジ
すごいんですね。

若干、懲りました。

でも、いいことも
あったのは。

南果歩さん、草刈民代さん、
石野真子さんとめっちゃ
仲良くなれたこと。

意外なほど気が合うせいか
撮影中もすぐ
四人で自然に集まる。

で、ずうっと笑ってる。

この四人とも
性格が
どこかサッパリしてるのと、
もともと
本業が違うってのも
大きかったかもしれません。

ところで、さっき
たまたま楽屋で
私と草笛光子さんとの
二人っきりで
じっくり話せる時間が!

ラッキー!

20分はあった!!

ヨダレを隠しながらも、
あの当時の
高峰秀子さんの話を
聞きつつ、
原節子さんの話、
当時の話にも
テンションあがりました。

お知らせ

11月3日よりスタートする全国ツアー
「国民の叔母 清水ミチコのひとりジャンボリー」
のHP2次先行予約受付が始まりました!

横浜アリーナ

J-WAVEの
イベントが
横浜アリーナであり、
私も20分ほど
出てきました。

2017072701.png

すごくいい音が
する会場で、
ピアノだけでなくて
笑い声もめっちゃ響いて
盛り上がるたびに
楽しかったです。

でも、めっちゃいい!
と、高まったテンションの
まま帰ると
眠りにくいので、
なぜか(私には)
テンションをおさえるのに
最適な深夜の映画館へ。
翌日休みだったし。

タナカさんに
映画とごはんを
つきあってもらいました。

マネージャーの
仕事って考えたら
若干、介護に似てるね。

何時にこうしますよ
迎えに行きますよ
しゃべってみてください
今日はこんな衣装ですよ~

光栄な夜

先日、松任谷正隆さんが校長を
つとめるMICA音楽学校の
30周年の記念イベントに
招かれました。

いろんなミュージシャンが
それぞれに歌うという
プログラム。

私の持ち時間は
稲垣潤一さんのあとの、
10分。
プ、プ、プレッシャー。

そして最後は全員で、
つまりは松任谷由実さんとも
一緒に一曲歌うという。
キター!

しかし、どうしよう。
ユーミンさんのマネするのか?
こんなストイックな
集団の前でできるものだろうか。
ボッコボコにされたりして。
悩みました。
やらないのも変。

ふと気がつくと
SONYの松田さんが
楽屋にいました。

ビックリ。

「なんで入れたの?」と聞くと、
さすがいつも
「面白い運を持ってる」、と
私たちから
笑われている松田さん。

この日のチケットは、なんと
「MICAのHPを見てて、
どれ、と応募してみたら
たまたま一般当選した」んだそうです。
笑いました。
オドロキ!

どんだけレアな運なんだ。

ところで
私の登場はシークレット。
そのせいか
ステージに出たってだけで
爆笑と拍手喝采。

これで安心した私、
のびのびと
ユーミンさんに
なりきりました。

2017072302.jpg
ユーミンさん
「超おもしろかった!」

2017072301.jpg

光栄な夜になりました。

2017072501.jpg

大竹しのぶBIRTHDAY

BLUE NOTE TOKYOであった、
大竹しのぶさんの
還暦パーティがすごかった~。

歌舞伎界の面々から
映画監督もたくさん、
野田秀樹さん、松尾スズキさん、
綾瀬はるかさん、平野レミさん、
ジャニーズ関係の皆さん、
野田洋次郎さん、西川貴教さん、
鬼龍院翔さんなど。

圧巻だったのは
さんまさんとのもと夫婦漫才。

ののしりあえるのって
おかしい。
さーすが!

私もピアノで歌わせてもらったり、
三谷幸喜さんとコンビで
「大竹しのぶ語録」を
披露ました。
こっちも爆笑!

終わりよければ全てよし

[徹子の部屋クラシックコンサート]
IN 渋谷オーチャードホール。

毎年、満員なんだとか。

ところが、
なぜかこの関係者の方
数人から、それぞれ
「ふだん通りで大丈夫ですから」
「緊張することないです」
「好きにやってください」
「気にしないで、ラフに」
と、たびたび言われ、
(え、なぜだ。なぜそんなに
言われるんだ?)
と、考えるうち
逆に緊張してしまった。

それがどれほどの
緊張か、というと
ネタのイントロ弾いたあと
地声で歌ってしまってたという。

人生初のミス。
自分でビックリした。

「あ、間違えちゃった!」と
言って、あわてて
イントロから
弾き直しました。

めっちゃ恥ずかし
かったけど、

もしかして、
直前の舞台ソデで
かけられる言葉って、
ふだんより
えらく人をとまどわせてしまう
もんなのかな。

しかし、
敬愛する
山下洋輔さんと連弾する
コンサートの終わりころには
もうすっかり
いつものでかい態度に戻り、
胸がいっぱいになりました。

感激。

ヤユと人格者

今月はホントーに
人生を変えるような
ライブの連日だ。

いったい
何なのだろー。

来週なんか、
もしかしたら
さるところで
松任谷由実さまと
一緒に歌えるかも
しれません。

その歌のリハをしてたら
泣けてしまった。

普通、呼べなくね?
ヤユしてる私を。

心広いんだな~。

しかも名曲。

ひとりジャンボリー

今年も全国ツアーが
決定となりました。

タイトルは
「清水ミチコのひとりジャンボリー」。

11月から開始して、来年まで
続きます。

ツアーはだいたい数か月で
終わっちゃうもんだけど、
どうせならいつか
三年くらいかけてのんびり
じっくりまわってみたいな~。
今のところ決まってる場所を
掲載しました。

皆さん、ぜひ私と
遊びにきてくださいね。

2017年
11月3日(金・祝) 神奈川/相模女子大学グリーンホール  17:00開場/17:30開演
11月12日(日)  岡 山/倉敷市芸文館         15:30開場/16:00開演
11月21日(火)  鹿児島/宝山ホール          18:00開場/18:30開演
11月26日(日)  新 潟/りゅーとぴあ劇場       15:30開場/16:00開演    
12月1日(金)  広 島/広島NTTクレドホール    18:00開場/18:30開演
12月8日(金)  北海道/わくわくホリデーホール    18:00開場/18:30開演
12月10日(日)  宮 城/東京エレクトロンホール宮城  15:30開場/16:00開演
12月16日(土)  大 阪/大阪国際会議場 グランキューブ大阪メインホール 15:15開場/16:00開演
12月22日(金)  沖 縄/浦添市てだこホール 大ホール 18:30開場/19:00開演
12月24日(日)  福 岡/福岡市民会館         15:30開場/16:00開演
12月26日(火)  愛 知/名古屋市芸術創造センター   18:00開場/18:30開演
12月27日(水)  静 岡/静岡市民文化会館 中ホール  18:00開場/18:30開演

詳しくは   http://eplus.jp/4325tour2017hp/

まぶしかったんだ

先日、加藤一二三さんと
番組でご一緒しました。

清らか~。

清らかな人と会うと
なんでだか
こっちまで気持ちが
小学生くらいにもどる。

軽くて、明るくて、
まっ正直な
あの頃。

なぜだかたまに
まぶしそうに見つめられる
大人(父兄)からの
あの視線は
間違いじゃなかったんだなー。

きっと本当に、
私たちがまぶしかったんだね。

白い靴下は似合わない

野沢直子ちゃんと
ごはんを食べ、
そのあと高円寺の
まちゃまちゃが
やってるスナックへ。

ミジメな自分
(たとえばこんなシゴトがあってさ~)
など、正直に語れる
友達って
いいですね。

(こんな恥ずかしい話を
笑って聞いてくれてありがとう)
などと思ってたのですが、、、、、。

帰りのタクシーの中で
あくびとともに
「ああねむくなっちゃったば~」
などと、聞き取れない声を出す
言う直子さん。

もう、「ちゃん」
ではないですね。

白い靴下は
もう似合わない、、、。

ここだけ
誰もが平等、、、、、、、。

ラッキーボーイ

弟があの細野晴臣さんから
前座を頼まれました。
持ってるね~。

昔っから運がいい
というか、自分から
行かないでも
あっちから何かがやってくる、
みたいなところがあるのです。

クリスマス生まれなので
プレゼントも
もらいやすかったり。

細野さんの大ファンで、
細野さんが履いていらっしゃる、
なかなか売ってない
限定のレアな靴も
GETできたとか。

それだけならまだしも、
リハの客席でふと
「あ。持ってるんだ。」
と、細野さんに気がつかれる
ラッキーさ。
思わず写真に撮っちゃった。

2017071103.jpg

恥じらう弟。
おまえはオネエか。

私も一緒に出ました。
会場、盛り上がりましたね~。


「音楽ナタリー」でも
紹介してくださってました。
ありがとうございます!

パリ祭

シャンソンの祭典「パリ祭」
に出ました。
NHKホールは満杯。
毎回、満杯なんだそうです。

2017071101.jpg
ウケたわ~。

って、まわりはちゃんとした
歌手だらけなんだから、
そりゃ私にしか
笑わないのは
当然なんだった。

ものすごく高いヒールなのに
ふつうに見えてしまうという
絢爛豪華的世界でした。
2017071102.jpg

(見えねえよ)

楽屋で、小学校からの
同級生ので
ピアニストでアレンジャーの
DON君にも会えました。

廊下では、たくさんの
ミュージシャンが
「あ、DONくん!」
と嬉しそうだったので
「コイツ、私の同級生なんすよ~」、と
自慢げに。

笑。

NAOKO NOZAWA

世界のNAOKO NOZAWAが
帰国し、接見できました。

FUJIN-KORONという
アジアの著名な雑誌で
TAKASHI-FUJIIらと
鼎談し、その後
下北沢の
COUSCOUS ROUGIR
(クスクス・ルージール)
で、ファンクラブの皆さん
(SHIMIZU・TANAKA)に
囲まれ、食事。

最近のGEINOUKAIでは
KAZUYO MATSUI
について興味を
もたれたようでした。

クスクスルージール

よーこちゃん、ちえちゃん、タナカさんの
仲良し四人組で
下北沢・クスクスルージール
というお店へ。

2017070511.JPG
ワインを開けました。

2017070501.jpg
エビパン=エビのフライドサンドイッチ。

2017070508.jpg
タラのペーストのグラタンみたいなヤツ。
おいしかった。

2017070502.jpg
レモン風味のワカモレ。

2017070503.jpg
白身魚のなんとかかんとか。

2017070504.jpg
アボカドのディップとチップスと。
名前覚えてなーい。

2017070505.jpg
焼き野菜と山羊のチーズ。

2017070507.jpg
鯛のオーブン焼きのクスクス別添え

クスクスルージールは人気の
お店で、いつも予約で
いっぱい。

一か月ほど会わなかったので
この日が楽しみでした。
可愛い話や、エロい話、フシギな話
本当に四人で
いつまでもクスクスしてしまいました。

溶け込み

ドラマ「定年女子」の
記者会見がありました。

そのあとすぐ
SPITZさまの
30周年記念のイベントに
参加。

そのため洋服が一緒で
まるで溶け込み写真みたいに
なってしまった。

ヒソヒソ(あのヒト出てたかしら?)

2017070512.JPG


ヒソヒソ(本当に呼ばれてるの?)

2017070513.jpg

空々しくまぎれてるっぽい顔に
見えてきます。。。。

こないだ、
婦人公論の対談で
養老孟司さん、甲野善紀さんと
ご一緒しました。

ずっと前、テレビで観た
養老さんの言葉が
よかったな~。

「緑がいっぱいで
素敵なご自宅ですね」
と、インタビュアーに言われて。


「そろそろ誰しも
自然に囲まれるのが
やっぱりいいんだって、
わかってきたよね。

だって必死になって
シゴトしてさ、大金持ちに
なった人間ほど、結果
みんなそうなってるでしょ。

結局、別荘買ったり
ゴルフ行ったり、って。
やっぱり
自然に囲まれてるのが
幸せだって感じるように
できてんだよね。」