2016年1月のエントリー

人は変わる

あのムツゴロウさんが、
「動物?今は興味ないよ。」
と、なんかのインタビューで
おっしゃったそうだ。

あのムツゴロウさんが
動物に興味がなくなるなんて、
そんな日が来るんだな。

勝手にず~っと、
「そういう人」なのだ
とばかり思っていた。

「シミズさん、
人は変わるんですよ」。
と、昔、ある方が
教えてくれたことが
あった。

それがなんとも
実感のこもった
言い方だったので
今でも覚えている。

「人は変わる」んだな。

いつか同級生が
私に手紙をくれて
そこに
「控え目だったあなたが
まさかこんな職業に」
とあり、
「あいつ、変わった」と
思われてるのかも
しれないな~、なんて思いました。

でも自分じゃわからない。

今の方が本当な
気がする。

そして、ムツゴロウさんも
ただ正直なだけで、
ご自身では
「オレは変わった」、
などとは
思っていらっしゃらない
のだろうな~。

順位

「猫がペットで
一位になりました!」

と、聞きました。

めっちゃ静かに
ブルーになります。

犬でも同じです。

今は
飼ってないけど、
実は犬も私は
大好き。

猫も大好きで。
って、
こんな人は意外と
多いの
ではないでしょうか。

特に犬っての、
世の中に
あんなに利口で
従順な方が
いるでしょうか。
ってくらいです。

特に顔とあの声よ。

切なくなること
多すぎです。

しかし、たとえば
「かつてペットの
一位はスピッツでしたね~。
(泣)。」

などという軽い言い方を
されると、いまだに
腹ただしくなります。

武士ならば切る!
というか。
悔しくてたまらない。

何に対してか
わからないけど。

いまだ矛先わからず
恨みは残ってるんです。

あのときは良かった
のにね~。
みたいなの。

一位だったスピッツ、
「ザ・ン・ネ・ン!」

みたいなの。

恩恵をいただいてたのは
こっち(人間)だろうて!

と、それこそ
遠吠えしたくなるのです。

順位つけるって、
いったいおまえは
何様なんだって
話ですよね。

ある日、心理学者の
エッセイを読んで
で知りました。

「人は
いたずらに順位を
決めるのが大好物。」

なのらしいのです。

自然に向かって
いったい私たちは
何をメモしてるのか。

アイドルでもそうです。

(いま、ジブン、
あのコがめっさ
好ましい!)

(あ~、それ、
わかるわかる)

と、なって。

グラフに
表してみたりして。

本当は当人にとっちゃ
ひどい話ですよねえ?

結局は、ジャッジする、ときに
肯定されるから
自分がやっぱアリ!

世間的にも
自分のジャッジこそが
認められるべき~。

って表現をしたいだけなの
か?はわかりません。

究極のところ、
誰もが孤独からの
脱出を、抜け出せて
いないのかも
しれませんよね。

ただしかし、
、動物に
たくすな!
って話です。

ドヤ顔

愛媛県の方から
メールをいただいてました。

地元の新聞に昨日、
みっちゃんの記事が載っていました。
記事だけでもうれしかったです。
ライブの放送がある時だけでもwowow入ろうか悩み中。

わあああ。
知らなかった。
ありがとうございました!
いつかいらしてね~。

新聞記事

写真のドヤ顔も
笑いました、

普段とは違う現場

きのう、私のマネージャーの
弟さんのお宅で
赤ちゃんが生まれたそうだ。

私の誕生日に
生まれてくれるなんて
叔母思いです。

あ、叔母って、
マネージャーのことですよ。

女性の3割は
将来叔母になりやすいと
言われています。
(2016 JAMHOUSE調べ)

しょっちゅう同行してくれてる
メイクのオカザキさんも
たまたまめでたい事があり、
お、なんといい日!
でした。

もひとつあれば3つになる、
と思ってたら、
夜、帰宅した
コドモから
プレゼントと手紙を
もらいました。

ありがと~。
揃った!

私はドラマの衣装合わせ
だったので、
その写真を見せたら。

笑いながら
「性格がキツい役なの?」
と言うので
「違うよなんで。」
と聞くと
「顔がこわばっているから」。

やかましいわ。
き、緊張してんだよ!

回転


「たけしのこれがホントのニッポン芸能史」
の中で、ものまねの歴史の
回があったらしく、
色んなVTRを見たあと、
ビートたけしさんがふいに
清水ミチコさんを誉めてたよ
とのこと。
スタッフさんから聞きました。

翌日タレントさんからも
聞きました。

くるくるくるくるくる。

わー!!

わー!!

あのたけしさんが?!

くるくるくるくるくる。

踊りました。

ものすごく嬉しかったんだ~!

風邪

風邪をひいて
まる一日
寝込んでました。

せっかくの休日に
なったと思ったら
風邪をひく。

逆に、身体が
(おおそうだ。
この日に
風邪ひいて休もっと)。

と、連絡しあってた
んじゃないか。
と思えるほどです。

リンパ。
あれが連絡通路
ではないでしょうか。

しーん。

配線

スタジオ配線を
大島崇敬さんに
見てもらいました。

ネタのアレンジも
手伝ってもらってる方
なのですが、
配線とかオーディオ機材の
配置など、イメージして
考えていくのが
大好きなんだそうだ。

言われたせいか
なんとなく
打ち合わせから
幸せそうだった。

どこがそんなに
楽しいのか?
と思うほど案を
出してくれる。

自分のちょとした
アイデアで
無機質なものが
命を得たような感覚、が
楽しいものなのらしい。

こうなると最強ですね。

仕事の本質は、
実はお金のためじゃなく、
人に喜んでもらえるという
充実にある
という話にも
うなずけるのでした。

写真

武道館での公演のとき
弟に今度はカメラマンを
お願いしました。

あれから
ほぼ一か月。

写真ができあがって
きたのですが
オットがそれを見て
「ものすごく面白い!」
と言ってました。

おかしい、笑える、とかの
方の意味じゃ
ないですよ。

スタッフ一人一人の
表情がそれぞれに
よく表れているのだそう。

言われてみたら
本当に、当人の顔よりも
だんぜんまわりの
表情の方が味があった。

エッセイや俳句、
写真とか。

ウケようとか
皆さん、いかがでしょう?とか
機嫌をうかがわず、
その瞬間に
個人的な心情だけで
面白いとみて
切り抜いた作品。
こういう方が、なぜか
じわじわ伝わる
ものなのかもしれません。

BIRTHDAY CAKES

番組(所さんの学校では教えてくれない
そこんトコロ!)で
早めのバースデーケーキを
用意してくださった。

2016012201.jpeg

所ジョージさんは
1月26日生まれ
一日違いの誕生日。

2016012202.jpeg

嬉しかった~。
ありがとうございました!

2016012203.jpeg

ためし

NHK-BSプレミアムの
「ザ・プロファイラー」へ。

エディット・ピアフについて。

岡田准一さんの司会で
なかにし礼さん、
大竹しのぶさんと私。

たまに大竹さんをからかうと
「もおっ!」
なんつってあの声で
めっちゃかわいい
反応で怒られる。

私が男だったら
すぐ手玉に取られるだろう。
いつのまにか
「デレデレ」
ってなってる。

大竹さんがあの調子で
ちょっとボケた?
みたいなときに、
「さんまさんの気持ち
わかるわ~。
別れたくなるわ~。」

と言っても
「あははははは」
と、カラッと
陽気に笑っている。

それにしても
この番組を介して
思いました。

「愛の賛歌」
「MY WAY」
「時には娼婦のように」

この三曲だけは
人より楽曲の強さが
勝つのか、
まるで歌う人が曲に
選ばれてしまう。

ホント。

心をこめるほど
陵駕できなくなる。

恥ずかしく
なっちゃうんですかね~。

カラオケなんかで
ためしに一回
歌ってみてください。

肉体労働者

野沢直子ちゃんの
舞台のゲスト。

やってることは
お互い変わってないという。

私と直子ちゃんは
昔から不思議な
関係だ。

性格があまりに違うし、
普通の友達じゃないような。

でもただの仕事仲間
でもない。

なんだか
特別なカンケイに
思える。

本番、楽しかったな~。

「いつか逢えたら」
という舞台なので、
ミドリをあしらったりして。
なつかし~。

舞台ソデから見てると
なんだかこみあげるモノと
戦ってるみたいだった。
意外な一面でしょ。

しかし、さすが
こちらはトシヨリで
どうにも風邪っぽく
本番前に、にんにく注射を
打ってもらいに行きました。

本番前、注射するって
いかにも肉体労働者です。

でも、本当にいつも
そう思います。

身体が第一の資本で、
アタマは二の次。

いかに才能があろうと、
現場にたどりつかなければ
本番にはありつけない
のでした。

夕方、私は
鍋を食べて温まり、
水素風呂で暖めたあと、
CLOZブーツ(熱湯を入れる靴)で
足元を熱くしながら
爆睡したのでした。

早朝だもの

空港の飲食コーナーで、
朝、コーヒーを飲んでたら
中年の男性が
お蕎麦を注文しました。

ウェイトレスさんが
「お蕎麦は熱いのですか?冷たいの?」と
聞きました。

待ってましたとばかりに
中年男性。

「そりゃ、蕎麦と
妻と、ビールってのは
冷たいのに限るでしょ。
ふふふふ。」

妻?とも思いましたが。

ウェイトレスさんは
どういう風かな、と
思って見てたら。

「ざるですね。」
と普通な確認口調。

笑顔はありませんでした。

そりゃそうですよね。

清水ミチコ一人フェス追加公演

「清水ミチコ一人フェス」が
追加公演となりました。

私のチケットって、いつも
あれ、売れないのかな?と
思ってると
本番がせまる頃になると
「とたんにパーッと全部ハケる」
んだそうです。

「清水さんのはいつも
そうです」。
と言われました。

チケットも当人に
似るものなのでしょうか。

私も迫ってきたら
行こうか、となるのですが
あと数か月先、となると
(予定ができるかもしんないし)
と、買わずにいるのが
本音なので、、、。

「どうせチケット取れない
んでしょ?」
などと言わず、
お早めにぜひ。

今年は今のところ、
2月10日(水) 愛知/名古屋市芸術創造センター
2月14日(日) 東京/昭和女子大学 人見記念講堂
2月20日(土) 京都/京都劇場
2月21日(日) 静岡/アクトシティ浜松 中ホール

が決定でございます。

詳しくはコチラ
清水ミチコ一人フェス追加公演

よろしくお願いいたします。

ミシン

野沢直子、青木さやか嬢と
お食事。

「ミシン」という可愛いお店が、
安くておいしくて
インテリアがまた
素晴らしい。

話し込んでた途中、
私が「お婆ちゃんになった
レイア姫が出てきてさ~、」
とスターウォーズを語り出したら。

青木さんが
「あ、そう言えば、
夢で逢えたら、また観たいです。」
と、さらっとコメント。

「あっ、ちょっと待って。」と
野沢直子。

「今のタイミングは
どう考えても
レイア姫→お婆ちゃん→あ、ここにも2人→夢で逢えたら
っていう連想じゃん!」

爆笑。
ホントだー!

マジメな青木さやか嬢。

「いや、そ、そういうことでは
なくてですね。」
苦しそうだった。

かわいそう。
思いつかない。
思いついてください!
早く!

笑った。

久々だったのもあって
三時間くらい長居を
してしまいました。

アイルランド 2

バイト時代、オーナーの林さんが
アイルランドに旅行に
行かれてて、話を聞くうち、
ずっと行ってみたかった国。

雨の多い土地で、
私の大好きな湿気が
日本くらいありました。

カラッとした空気。
それは私にとって
ハワイの欠点。
湿気最高。(変人)

さて、アイルランドは
イモの料理メニューが
たくさんあって、どれも
安くておいしい。

0108_01.jpg

ベイクドポテト。
メーンは左のジャガイモ(の中にベーコンや玉ねぎ)
なのですが、横に置かれた
リンゴとセロリを甘めの
ヨーグルトのソースで
まぶしたヤツもおいしくて
作ってみたくなりました。

0108_08.jpg

0108_07.jpg

ニューグレンジにも行ってみました。

街では友達ができました。
女どうしでグチりあい。

0108_02.jpg

「結局、男がバカなのよ」。
「そうよそうよ」。

ブログ

「ブログ、ずっと昔から
読んでます!」
と言ってくれた人がいた。

もちろん、私だって
読んでる人は
いるんだろう、とは
想定していた。

しかし、
ということは
反面では
(いないかもしれない)
と、思っていたのと
同じことなのだった。

「え、そうなんすか、、、?」
と、そう言ってくださった
人さまの顔を
真顔でジロジロ
見てしまいました。

嬉しかったのに。

なぜに?
みたいな空気。

さっと一瞬で
喜びを表すべき
でしたわな。

ヒトはふだん
生活を意識的に
してるように見えて、
8割がたは
無意識が
まかなっているんだそう。

ホントだ~、
と、こんなコトで
わかりました。

アイルランド 1

アイルランドはダブリン。

0108_04.jpg
古くからの建物が
たくさんあって
そこら中が
フォトジェニック。

0108_03.jpg

ここはもと床屋さん
だったのでしょうか。
今はレストランでした。

看板もかわいい。

0108_05.jpg

お店の中でもそうですが、
ストリートミュージシャンの
演奏もさすがでした。

まわりからの
口笛や拍手で
どんどん盛り上がり
小銭が帽子に
たまっていきました。

0108_09.jpg

ホテルの部屋の
窓から見えるのは
トリニティ大学。

0108_10.jpg

図書館が観光名所に
なっています。

ないものは
山と、高いビルと
酔っ払い。

ビールが有名な街なのに、
酔うのはよっぽどの
醜態となるのか、
夜中でも酔っ払いは
一人も見かけませんでした。

アイリッシュの方を
新橋とかに連れて行ったら
ビックリするでしょう。

帰国


アイルランドを
夫婦で旅行してました。

写真などアップします。