2015年8月のエントリー

手抜き

写真かぶっちゃった、、。

2015082808.jpg

2015082807.jpg

2015082803.jpg

2015082805.jpg

2015082804.jpg
詳しくは8/25の
野沢直子ブログを
読んでね~。
中身は同じっ!
エヘっ!(ちゃんと書けよ)

パンシロン

スタッフの渡辺さん。

話上手は聞き上手と
いうけど、まだ
若いのに、本当に
アタマが下がる。

要件をすーっと理解して
くださる。
カンペキ。
吸収。
まるで胃薬だ。
パンシロンだ。

会話の途中、
すぐ口をはさむ自分が
あさましく見える。

こないだは
別のスタッフに
口に指を
立てられていた。

リハーサル

森山良子さん、大貫妙子さん、
高野寛さん、高田漣さんと
リハーサル。

近所のエジプト料理屋さんで
humusのパテと
野菜のフェタチーズあえに
バケットを切ったのを
手みやげに参上。

どこのどこの?
と聞かれました。
好評だったわ~。

日曜日が本番。

私は高平哲郎さんと
トーク、そして
もちろんネタも
やらせてもらいます。
全員での一曲も
カッコいいです。
ピアノがんばろ~。

ぜひ見にきてくださいね~。

シロ

これは女性どうしにしか
わからにくい話かと
思いますが。

この季節、スカート姿で
なにげに椅子に
ぱっと腰かけると、
とたんに太ももどうしが
一瞬でこすれあい、
ブブッ!と大きな音を
立てることがあります。

それがまるでおならの
音に似ていて、

「違いますよ」

と、言うのも逆に
変だし、
立てた音に対しての
「あっ、ごめんなさい」と
言うのも、
さらに決定的な誤解を
招きます。

私はシロなんです。
むしろ被害者がわ。

しかし、じゃあ
「かいでみてください!」
と、懸命に言ったら言ったで
また、違う犯罪に
なってしまう。

なので、さりげなく
もう一度立って、
座りなおし、あえて
音を立ててみようか、
とも思いますね。

「なるほど、はは~ん、
今の音はこういう
仕組みだったのね」、と
わかってもらえるんじゃ?

と、思うのですが、
もしも、立派な
音が出たら出たでまた、

(二回も、、、、、、。)

と思われる可能性が。

つまり、今後また
そうなったとしても
手立てがないのです。

いちおう、ここに
したためてみました。

川遊び

だいぶ前だけど、
3日あった夏休み、
仲良し家族らと一緒に
過ごしました。

弟も参加したりして。

IMG_7634.jpg

川遊びも。

IMG_7638.jpg

川に石っころを
ぴゅんぴゅんはねて飛ばすヤツ、
いまだに私はできませんが、
日本では毎年、
必ず誰かがやっていることが
判明。

幼いころ、連れて行って
もらった川でも
父親が石を投げる姿を見て
(なんて上手なんだ、
そして無邪気だなあ。
子供みたいな人だな。)
と思ったのを
思い出しました。

IMG_7671.jpg

朝、蓮の花が
咲いていました。

清潔そのもの。

松尾スズキのうっとりラジオショー

松尾スズキのうっとりラジオショーに
出ました。
オンエアーは今夜
22:00~23:00 
NHK-FMです!

聞いてね~!

気風

いつか、一流芸能人Aさんと
待ち合わせしたときのこと。

遅いなあ、、、

と、待っていたら、
お店の方が
「失礼ですが、アチラの方と
お待ち合わせではないでしょうか?」

と指をさす方向に、
その方がいらっしゃいました。
ちょっとした死角が
あったのでした。

「わ~、ありがとうございます!」

その方もそのボーイさんの
親切に驚き、
「よく気がついてくれた!」
と言い、瞬間、
嬉しそうにそのボーイさんに
「これ。」と、
お札(千円札)をさっと手渡しました。

ボーイさんは、
「あっ(驚)、あっ、
ありがとうございます!」
と嬉しそうでした。

(お金を渡すなんて)
とか
(お金をもらうなんて)
など、ふとよぎりそうですが、
その芸能人の方の
気風のよさが
シゼンにそうさせられる。

感謝を渡せる、
もらえる。
と、いう風でした。

きっと彼(ボーイさん)は
このお札を使わない。
いまの光景を
時々思い出すんじゃないかなあ。
あんまりサラッと
カッコよかったから。
などと思いました。

セミ

そういえば、
4.5日ほどしか会えなかったけど。

IMG_7590.JPG
日本の夏、野沢直子の季節は
今年もやってきてました。

IMG_7581.jpg

シワは増えれど、
声帯毎年衰えず。

さすが野沢那智の
めいごさん。

いつ聞いても
強くて、高い。

ミンミンミンミン
ミンミンミンミン

ただ正直に
率直に生きている。

ただ面白い事だけで
鳴いている。

あと一回、私と遊んだら
帰国=ラストとなる模様。

抜け殻だけを
残して去っていく。

私のひそかな楽しみ

ある番組収録中に。

コンビ芸人の耳に
小声でヒソヒソ。

「こう言ってみ。合図出すから。」
「わかりました。」
そして、私の目くばせで
言われたとおりにやる2人。

そしてスベっている2人。

あ~おっかしかった。
心で爆笑~。
顔に出してないけど~。

10年ほど前から
自分でブームになっている
「すべらせ婆の術」。

(誰がやるか!クソババ!)
とばかりに、ちゃんと
無視できる若手ほど
確実に伸びて行きます。

やっぱり自分を信じないとね!

ひどい話だわ~。
自分の楽しみのためだけ
らしいわよ~。
ヒソヒソ。
こわいわね~。
ヒソヒソ。
すぐ隣に
いるかもしれないわよ~。
ヒソヒソ。

ウソだろ?

なかなか
人間関係は
難しい。

とくに若いころに
賞賛されて
社会に出てきた人。

まったくこういうヒトも
いるんだ、
しょ^がねーな、
などとは思いつつ、
まるで実は
自分を見るようだ。

自分のことしか
考えてないんですよね。

若いころに
たまたま知り合った
林さんの言葉は
一生の財産だ。

しかし、いつか
その林さんに
「あの言葉が、若いころ聞いて、
身に染みてよかったです。」
というような意味を
伝えたら、

「勘違いじゃないの~。
私、そんなコト言ってないわよお。」
とのことで、
しかも、その顔に
本心が
浮き出てて、
めっさびっくりしました。

ヒトって、
都合のいいように
思い出を作ってる
ものなんか?
あんないい言葉は
光ってたのに、、、。

じゃあ、私は、
知らず知らず
ねつ造してたん?

ありえそう。

自分をちゃんと
信じられる自信があったら
反逆できるのにい!!

松尾スズキのうっとりラジオショー

「松尾スズキのうっとりラジオショー」
(NHK-FM)8月22日22時OAの収録。

なんと1時間の番組を
6時間ほどかけています。

むいてる~!
声だけのお仕事の
素晴らしさよ。
快感だった~。

CDや、ラジオやナレーションに、
めっちゃ昔から実は
疲労感がない私。

ややお下品な原稿も、
自分の性にあっていたのか、
しっくりきた。

松尾さんがヤに
モノマネが上手いのも
驚きました。

モノマネって、
やっぱ余芸で、って方が
生きるんですよね。

前日、(つか数時間前)
たまたま一緒に飲んだ
宮崎吐夢さんから、
松尾先生が、
「いかにギャラでシゴトをしない人か、
その無垢さ、かつ、
謙虚でありつつの
バイタリティーたるや」
という
力説を聞いてはいたけど。

なるほど、本当に素晴らしかった。

一瞬で尊敬しました。

歌からコントから、
まったく才能の
無駄遣い。

時間を惜しみません。

いただいてた
原稿があまりに
素晴らしかったので
念のため?
センスのいい
SONYの松田さんを
見学に来ない?と
誘いました。

こんなネタこそ
カタチに、(CDになど)
するべきじゃん?
つって。

オアシズ

夜中に、
光浦靖子さんから電話。
あのアニメみたいな声で

「いまあ~、これから
宮崎吐夢さんと~、
一緒にシモキタで飲もうって
言ってんですけど~
来ますう~?」

行くとも~!

光浦靖子大ファン。
めっちゃ率直で
心がきれい。
それゆえに面白いし
オリジナリティがある。

男はよく放っておくものだ。

「真面目に2人で
これからの人生を生きようか」、
とか言って、結婚したら
とてもまっとうな人生を
歩めそう。

高潔な面があり、
常識があるんだな。

しかし、なぜか
彼女のなかには
大久保さんという
悪い男がいる。

タバコ吸って
新聞を広げつつ、
浮気してそうで、
だまされているのになあ。

な~んて。

オアシズの二人は、
ホントによくある
夫婦みたい。

一見、ち~っとも
仲良くなさそう。
それでいて、
特別に清らかな
なんとも知れない
結びつきが
垣間見えるのでした。

そら、二人して
婚期のがしとるわ。

音楽番組

関ジャニさんの番組へ。
一青窈さん、セカイノオワリさんらと
御一緒しました。
華やか~。
夕方、NHK
「らららクラシック」。
おごそか~。

音楽は一緒でも
個性が極端に
違ってましたが、
ふと言い放った
司会の加羽沢美濃さんの
言葉も印象的。

「ピアノはたとえ
10時間を連続して弾いても
疲れない、っていう
世界唯一の楽器ですから」。

そうだったんですか!

筋肉じゃないのですね。
これはオンエアじゃないときに
聞いたと思う。

なんて面白い事を
サラッと言える人なんだろう。
と、
WIKIで調べたら
芸大卒であり、高嶋ちさ子さんと
ユニットも
組んでおられた。

さーすが。

Qさま!

テレ朝「Qさま!」で、
不思議な活躍をしました。

我ながらおっかしかった。

自分だけに聞こえる
耳の世界
ってのがあるのらしい。

こんな変わったクイズでも
なかったら
自分の個性など
わからなかったな~。

ありがとう、放送作家さん。

オンエアは8月24日。
見てみてくださいね~。

オット

小尾隆さんという
音楽評論家の方が、
オットのことを
ブログでS君として
書いてくださってました。

記事はコチラ→http://obinland.exblog.jp/23544647/
オットらしいわ~

デジャヴ

友達Aが、
「Bちゃんと、ラーメン食べに行ったんだけど」
と話を始めた。

きさくなBは
関西のノリもあり、
明朗なタイプ。

食べ終わって、Aが
「あ~、おいしかった」
と言うと、
Bが「それいい?」と
聞いたらしい。

え?

と、思ってたら、
「その残ったスープ、
もらっていい?」
という意味らしくって、
丼に残ってたAのスープを
全部飲み干したんだそう。

Aはその姿に、
なんとも言えず
ゾ~ッとしたんだそうだ。

私はそれを聞いて
驚いた。

これとまったく
おんなじ話を、なんと
母から聞いたことが
あるからなのだった。

人物は変わる。

母が若い頃、
(知人の女性が残った自分の
ラーメンスープを飲み干す)
ということをされて、
ものすごくゾっとしちゃった
と、聞いたことが
あったのだった。

(あんなに
気持ち悪かったことはない)
という顔だった。

よっぽどゾッとしてたんだろうか。

私はされたこともないから
わからないけど、
Aも母も、話す表情に
ありありと
実に困った表情が
浮かんでいたのだった。
H...E...L...P....
みたいな。

2人とも、断りづらい
というのもある
のではないでしょうか。

ラーメンって、
やっぱり一人に一つの、
個人の世界のもの
なんですね。

衝動買い

仕事帰り。
ふらっと
立ち寄ったショップで、
アンティークっぽい
時計を発見。

思わず
買ってしまいました。

IMG_7487.jpg

気に行ってます。

下のゴールドんとこは
静かに横揺れ。

時計は、
正確さの次に
顔がキモですね。

食べてはしゃべる

こないだ、
野沢直子ちゃん、次女の
サンゴちゃんが日本へ。
おかえりなさ~い!

レストランで
ごはん。

IMG_3521.jpg

光浦さん、鬼奴さん、
まちゃまちゃも参加。

IMG_7552_2.jpg

ウチでお茶でも、
となり、結局深夜まで
遊びました。

つっても、とりとめもなく
ただだらだら
しゃべってる
だけなんだけど。

これがいい時間
なんだな~。

浮草物語

このあいだ、代官山にある
ライブハウスで
小津安二郎の
映画を観てきました。

マネージャー・タナカさんから
めずらしく誘われました。

タナカさんは
いつも渋好きで、
こういう昔の世界が
日本人の世界が大好きみたい。

だいたい古いもの好き。

だから私のマネージャーに
なったのね。

やかましいわ。

正直、映画はちっとも
期待してなかったんだけど
すごおおおく面白かった。
「浮草物語」というタイトル。
浮草稼業のことね。
人間のこと。
ラストシーンなんか、特に
忘れられない。

弁士と新垣隆さんの
ピアノ演奏つきでした。

ピアノめっちゃうまくって
ビックリした。(失礼だろ)

タナカさん、誘ってくれて
ありがと~。

感激!

お正月にやった
「清水ミチコ一人武道館」。

この映像をなんと
映画館で上映したい、という
申し出があったそうです。
ワーイ。

しかし、やっぱり著作権などで
難しいと。
(出た)。

そういえばドラマや映画では
誰かが何かを歌う、なんて
シーンで、その曲に
印税がたくさん
かかってしまうから
ありものの曲を歌っちゃダメ、
なんてのをよく聞きます。

私の武道館はまた
ヒット曲だらけ。
残念。

そんな話を聞いたのが
3カ月ほど前。

ところが、先日
SONYの松田さんから
なんとその映画館の
お一人だけ、
「私は上映を
あきらめていませんよ。」

と、まだ頑張って
おられる方がいる、
と聞きました。

感激!

どこの誰かは
存じませぬが、
誠にありがとうございます。

安眠

よく働いたね、、、
ホントですね、、、、。

と、マネージャーと
短く言って別れた。

仕事で、朝6時から夜中まで
なんと18時間、
ロケ、スタジオ、ナレ撮りなど、
人生初の長時間労働。
最初で最後にしたい。

しかも、そんな夜は
グッタリ疲れて
眠れるかというと、
逆に目が冴えてしまう。

一時間でもジムで
泳いだり、ヨガで身体を
のばしたりした日は
スーと寝られるんだけどな~。

しかも猛暑で、
これまた寝つきにくい。

もう、安眠のためなら
死んでもいいわ。

あ、それ永眠か。