2018年2月のエントリー

肯定

水道の蛇口と
ホースってどうしてこうも
うまく行かないのかしら。

家の周りを強めにシャーッと
掃除したろうと思っても
すぐ外れる。

あの、くいくいっとはめる
輪っかみたいのは
やってるんですよ。

なのになんだか
うまく行かない。
すぐはずれる。

いつか友達に話したら
「あれはね、蛇口とホースなんてのはね、
うまく行かないようになっているんだ」
と、言ってくれ、
なんだかせいせいしました。
もちろん
そんなわけはないんだけど。

この気持ちが
わかってくれただけで
もう嬉しかった。

チャイニーズ

光浦さん、CHIEちゃん、
マネージャータナカさんとで
また集まりました。
おいしい中華。

お正月の台湾旅行では、
カラフルなテープを
たくさん買い込んでいた光浦さん。
それを使って、
私たちにポーチを作ってくれました。

こんな女性がいるでしょうか。
絶対無理。
ミシン無理。
2018022601.jpg
かわいい。

この女性らしさや繊細さが
テレビに映ってないのが
残念でなりません。
(言い過ぎ)

秋田公演

秋田のライブに
きてくれた皆さん、 
ありがとうございました!

盛り上がりましたね~。

楽屋へ踊りながら
帰りました。
楽しかったな~。
夜はスタッフと
せり鍋なんかを食べて
ギバサをおみやげに
買って帰りました。

また行かねば。

トーストだけ

赤瀬川源平さんの
エッセイ、面白くてつい
また読んでいる。

貧乏時代に
クラシック喫茶へ行った。
しかし、なんのハラの足しにも
ならない高い「コーヒー」よりも、
100円くらいのトーストの方が
だんぜん魅力的だ。

「トーストだけ」と、
勇気をもって注文してみるあたり。
すごく緊張したり、
(っていうか今日はたまたまそういう気分でネ)、
なんて小芝居してみたり。

味わいあるわあ。

結局出してくれるんだけど。

トーストだけは困ります、という
喫茶店のルールは
聞いたことないけど、
確かに注文する時には
勇気がいりそうですね。

つらつら

来週から怒涛の如くな
スケジュールが始まる。

今週は二日お休みがあったので
ゆっくりした。

しかし、ゆっくりっていっても、
どういたしましょう。
本は読んだ。
ジムには行った。

結局、夕方に
いつものメンバー
ようこちゃん、CHIEちゃん、タナカさんを
誘い、吉祥寺のタイ料理に
ご飯を食べに行きました。

やっぱ女同士でつらつら
しゃべるのが一番だな~。

Bird's twittering

最近、私の部屋に来る
朝の気配がめっちゃかわいい。

と言うのは、
小鳥のさえずりが
聞こえてきて
目が覚めるのでした。
ハイジです。
(お、お、大きくなったね。)

3種類はいると思う。

夏の風物詩・セミしぐれの声が
アメリカ人には
気持ち悪がられる、などと
聞いたことがありますが、
(日本人は割と好きです)
小鳥の声なら嫌いな人は
きっといないわな、
と思うかわいらしさ。

そういえば
ヒッチコックの映画の
「鳥」、
私の母親なんか
思いだしただけで気持ち悪がって
(ひいい~っ)と、すぐに鳥肌
(↑この言葉が一番気持ち悪いけど)
ものでしたが、
あの映画さえ、私は
怖くもなんともなかったのです。
鳥なら、平気。

ただ、自分ではこれからも
観ないだろうなあと思う映画は
「イナゴの日」。

鳥と違って、虫がいっぱい、は、
私にとって最悪です。
「インディジョーンズ」でも
そういうシーンがあり、
ぞわーっとしました。

今でもイラっときたときや、
ブルーな仕事の日は
(なに、あのインディの虫の状況に比べれば)
と、その時のぞわーっとした
シーンを思い返して
自分をなぐさめます。
(そこは小鳥の鳴き声
じゃないのかよ!)

とりあえず

クラシックコンサートの
司会途中で。

「今しがた、羽生結弦さんが金メダル、
宇野昌磨さんが銀メダルを
取られたようです!」
と言ったら、
嵐のような拍手喝さい。

関係ないのに
とりあえず
おじぎをしてました。

どんな立場なんだ。

花粉の季節

お医者さんへ
行ってきました。

花粉症の処方箋を
お願いしました。

鼻の穴にくいっと
何か金属系のものを入れられて
一度調べられるのですが、
めっちゃ変な顔してるんだろうな~。

今年はくしゃみより
とにかく眠気が強い症状。
お昼間、耐えるのが大変です。

もしも私があくびしてたら、
決して退屈してるのではなく、
アレルギーのせいなのだ、と
ご理解ください。

三浦さま

森三中の黒沢さんと
椿鬼奴さんと3人で
三浦大知さんの武道館ライブへ
行ってきました。

すごかったあ!

やっぱりダンスこそが
芸能の始まりですなあ。

しかもドヤ顔なしで
ニコッ!
さわやか~。
自然~。

三人でまた行こう!と
約束しつつ、ごはんを
食べました。

ふと見たら
さりげなく黒沢さんが
小さく覚えたての振り付けを
踊ってました。

レストランでマネするなよ!
と注意しときました。


世界一おいしい煮卵

世界一おいしい煮卵、という
レシピを読み、
マネして作ってみました。

簡単。

沸騰したお湯に卵を入れて
6分ゆで、水にさらして
殻をむいたら数時間~数日
めんつゆに浸すだけ。
煮卵なのに
にてないのでした。

にてない、って
あんまり好きな
言葉じゃないけど。


うそ

「口は瞬時にうそをつく」
と、心理学の本にありました。

こないだ私は買い物をして
お会計をしてる時に
ケータイが鳴ったのですが、
「いま、大丈夫?」と聞かれ
まったく大丈夫じゃないのに
先に口が「大丈夫!」と
言ってました。

しばしばあります。

寝てる時の電話も
「寝てた?」と聞かれても
瞬時に「起きてた!」と
眠さもバレバレな声で
さも元気そうに答えて
しまいます。

そんなに電話で誰かと
話したいのかな、自分。

埼玉公演

さいたま市民会館おおみやに
来てくださった皆さん、
どうもありがとうございました。

アットホームな雰囲気の中で
自分で自分を褒めたりする、
めずらしいライブになりましたが、
楽しい時間になりました。

お寒い中を感謝です。

帰り道はなんだか
胸がいっぱいでした。

ワクチン・Z

インフルエンザの猛威。
まさにパンデミック。

私のまわりの人も
とっても多いので
うつってない自分が
不思議なくらい。

ふだんから外さない
マスクのおかげでしょうか。

と、今日はニッポン放送でも
開始前にそんな話をしていました。

スタッフも共倒れ。

そのあとナイツさんに
ご挨拶にやってきたももクロの
メンバーと数分再会。

まぶしい。
一瞬でブースが華やぎ、
にぎやかになった。

ワクチンってこんな
感じなんじゃないか。
(どんな比喩だよ)

通りの達人

メレンゲの気持ちの
「石ちゃんの通りの達人」
わたくし、
いつもはナレーション担当ですが、
今日は出てきました。

ズカズカ。

優しい石ちゃん、
実は忌野清志郎さんの
大ファンなんだそうだ。

ときどきフェスなんかでも
歌ってるんだって。

おいしいものを
いっぱい食べました。

アテネフランセ(日仏学院)にも
寄りました。

私は短大卒業後、
バイトしながらこの
学校の夜間の部に
ちょこっとだけ
通ってたんで、本当は
アテネフランセ中退が
最終学歴と
なるのかもです。

でも、夜しか知らなかったし
数十年たってるから
なつかしかった、んじゃなくて
こんなカンジだったっけ?でした。

盛岡

盛岡の皆さん、
ライブへのご参加、
ありがとうございました。

手紙やプレゼントも
たくさんいただいてました。

おいしいものを食べて
おいしい思いをして、
心身ともに本当に
たっぷり満足しました。

弟は「ベイシーに行きたかった」、と
名残惜しい様子でしたが
また個人的に行くでしょう。きっと。

寒い中を観に来てくださり、
本当にありがとうございました!

RETURNS

来たる日曜から
「清水ミチコのひとりジャンボリー
RETURNS」が
始まります!

日曜日は岩手でLIVE!
楽しみだあ。

待っててねえ~!