つながった

10月29日に、きたやまおさむさんの
コンサートにゲストで
出演します。

今日はその打ち合わせが
ありました。

私は彼の著作本も
大好きだけど、
軽口のようにしゃべる、
歌詞についての話には
ぐっときた。

私は本当に
「歌」が好きだし、
知りたいのです。

ぐっときたと同時に
なんて自身を軽んじて
いるのだ。
なんて。

作詞の天才とは
「大多数の人々の心を
軽減する
ために生まれきた」
のでは。
でした。

夕方は、
SPITZの武道館へ。

素晴らしかった。

作った歌が全部
名曲って、いったい
どんな気分なんだろう。

(ねえ、みんな~、
ここにいる
草野マサムネさんって、
こないだの私の武道館にも
来てくれたんだよ~!
今、同じ場所で
今度は、私が
観てるんだよ~。)、
などと、思ってたら。

MCで、
「1月2日、ここ武道館で
清水ミチコさんを観て」
とおっしゃってくださった上、
(ビックリ)
SPITZ作曲法(←私のネタ)を
弾き語りしてくださいました。

SPITZ作曲法で
書いた歌詞の
「諸行無常を説いてる」は
ちょっと言いすぎだけど、
SPITZのあの
「明るい諦念感」は
本当に素晴らしいと思う。

きっと、日本人しか
わかりあえない。

いつも「別れ」が根底にある
からこその
ラブソングというか。

「桜の花みたいに
明るく散りましょ!
手を振りましょう!」
みたいなのは、
地震国だからこそ
できるワザなのでは。

しかも偶然、MCで
草野さんがちらっと
「花嫁」を賛辞したのにも
ビックリした。

それはきたやまおさむさんの
作詞なのです。

つながった!


HOMEへ戻る