2015年6月のエントリー

最高の趣味

先日、所ジョージさんから
「畑でもいだ野菜。
清水さんにあげる~。」
と、ピーマン、トマト、
茄子、日向夏など
カゴごとボン!と
楽屋に置いてって
くれました。

一日ずっといい香り
がする楽屋。

まずはナマでいただき、
残りの野菜は
ラタトイユにし、
パスタにからめて
家族で全て
たいらげました。

おいしかった。。。。

夫婦で野菜を
作っている所さん。

面白いんだ!
これが!
と、言ってました。

キノコがりなんかも
サイコーなんだぜ!
とのこと。

見るからに幸せそう。
まぶしい。

あれ?

気がつけば
あれだけの
趣味を極めた男が、
最高の遊びを見つけた!
と、言わんばかりに
畑を耕してる
ではありませんか。

人類初の労働は
実は喜びにあったという
仮説が成立だ。

ダを強く

ダイソンのCMの
ナレーション。

ちょっとダ、が
強い発声。

しかし、
(これは、かなりの美人で
なければしない発声だな。。。)
と、聞くたびに
感じてたんだけど。

ネットで調べたら本当に
美女ではないか!

すげー、私!
声占いできる。

よく聞くと
小池栄子さんの声にも
似てますね。

つまりは、
鼻すじが通ってるっていう
声なのかな~。


父の日

先週、夫婦で高山へ。
実家のIf珈琲店。

2015062402.jpg

いつか、ツアーに行った旅先で
「エロ銅像」を見つけては
ネタにしてたら、ウチにも
あったではないか。

2015062401.jpg

「まさごそば」へ。
そばと言っても
老舗のラーメン店。

2015062406.jpg

おおこのしょっぱさ、
この濃い色、
ただいま~!でした。

2015062405.jpg

夜は地元の友達、
きみちゃんと
会ったりして、
翌日は母と弟の4人で
墓参りも。

気がつけば
父の日でした。

ホント、父の日って、
母の日と違い、
騒がれないもんですね。

静か~。

焼き物

夫の姉、
長野に住む義姉からの
プレゼント。

好きな色、
理想の大きさで、
オリジナルの器を
専門家に
焼いてもらうという
贅沢。

しばらく部屋に
飾ってから
使用するざます。

姉さ~ん
ありがと~!!

2015062403.jpg


IMG_7316.jpg

「清水ミチコ・一人フェス」ツアー

久々の全国ツアー
「清水ミチコ・一人フェス」
日程が決まりました!

http://eplus.jp/sys/main.jsp?prm=U=14:P1=0005:P2=008481:P5=0001:P6=985:P10=10

ちなみに、場所はいつも
「自分で決めてる」みたいに
思われがちなんですが、
会場を押さえるのは
その道のプロフェッショナル。

旅行じゃないので、
正直、私も決まってから
(ほ~)って、知るものなんでした。

東京でのライブは、
また別に年末のどこかで
決まるのだそうですが、
全国の近隣の方、
ぜひ、ナマで
お会いしましょ~!

待ってるよ~。

フリル

ランチをしてると、
背中に会話が
聞こえてきました。

中年の夫婦らしき
カップルの会話。

いい声でした。

どうやら夫であるご主人の
革靴、革製の靴を
これから買いに行くみたい。

「だって、この年齢になったら、
いいものを買わないとさ。」

「そりゃそうよあなた。
中年すぎになったら、
5,6万はするものでないと。」

「やっぱり結局、
質がモノを言うんだよな~。」

「なんだかんだって、決めては
素材なのよ。」

夫妻そろって
そこまで実感されてるとは。

感心しました。

まるで人間そのものを
言ってるみたいだし。

こういう理想の夫婦が
会話してるナマの
お姿というもの、
実際は案外、いそうで
いないんですよね。

クロワッサンの実写版って、
本当にいたではないか。

なんだか、
嬉しかったです。

「じゃ、行こうか」
「うん」

と、帰られるご様子。

ちらっと
振り返ってみたら。

奥さんの服、
ザ・ピンクハウス
ではありませんか。

えええええええええええええええええええええええええええ

MISIA LIVE

7月の7,8の両日、
国際フォーラムで
MISIAさんのライブに、
ゲスト出演することに!

10年前も、
同じ彼女の誕生日に
同じ会場で
出演したことがあったんだけど。

そんなことを知ってる
お客さんも、きっといる
はずですね。

おひさ~!!


dlvr.it/BGDNyJ

POLICE 

商店街で。

母親が
お子さんに向かって、

「え?
サンバイザーだよ。
あれ。

恐いの?
サンバイザー、が、
恐いの?」

と、聞いてました。

言われてみたら
子供によっては
恐く見えるのかも
しれませんね。

プラスチックで
シャキーン!

出動!
THE OBASAN POLICE !

面白いな。
子供って。

タラメ古物商

こないだ、ドラマの
撮影がありました。

ロケ地は
アンティークのお店。

待ち時間、
シンプルなシャンデリアを
一台、個人的に
買ってしまいました。

今日もピアノの部屋で
使用しています。

いわゆるシャンデリアは
金持ちっぽくて
それゆえに
ビンボーくさいから
嫌いなんだけど、
これはいい!
ざっくりしてていい!
気に入った!

欲しい!

でも、いちおう
マネージャー・タナカさんに
聞いてんの。

「アリだよねえ?あの部屋に。」
「、、、、アリですね。」
「これくださ~い!」

タナカ、おまえ何なんだ。

そのドラマは
今夜(火曜)23:25からの
オンエアです。

Eテレ・ジャッジの
「タラメ古物商」。

出演者に
買い物まで
させちゃう店内も
ステキです。

そういう目でも
見てみたってください。

SUNTORY・ENTRY

サントリーの広告ページに
こんなのがあったそうです。

http://www.suntory.co.jp/company/cm/forest-recruit/daily/mimizu.html

ミミズ ミチコ、、、、、。

うれしやまし

スタジオパークの
生放送のあと、
BS-JAPANの
収録へ。

森山良子さんと私、
秋川雅史さんと私とで、
なんとデュエットしました。

ピアノも弾かせて
もらいながら。

あ~、こういう
仕事がたまにあるの、
めっちゃうれし~。

ちょっと緊張したけど。
(やましいからや)

放送日はまたおって
書きますね~。

くわばら くわばら

番組の本番前に、
警察が訪ねてきた。

あ、すみません。
夢の話ですよ。

私は、あ、殺人が
バレた!
と真っ青に
なりました。

よく思い出せないんだけど
私は殺人をしたのでした。

すぐバレるに決まってるのに
我ながら、なぜそうしたかは
思い出せない。

聞きこみ調査が
楽屋で始まるので、
マネージャータナカさんに
「ちょっと、ごめんね。」
と、席を外すよう
言いました。

まわりの方が
ショックだろうな。。。

で、話をすると、警官が
「あ、ではそれは殺人ではなく、
殺人ほう助ですね。」

とのこと。

「では、私は
やってないんでしょうか?」
と聞くと、
「死体遺棄です。
罪は重いですけど。」

どうしてこうなったんだろう。

やむをえなかったなあ。

そうだ。

ロケ先で言われたんだ。
「そっち持って」、
と、毛布にくるんだものを。

2人で運んだ。

あれが死体だったなんて。

でも、手を染めたんだ
からなあ。

最悪だ。

というところで、目が覚めた。

あ~、夢でよかった!
と、しみじみ
ありがたかった。

夢だったのが、
まるで夢みたい。

なんでこんな
話の夢を見たか。

ふと、
思い当たりました。

南伸坊さんの
「オレって老人?」
というエッセイを
読んでたんだけど、
その中に、南さんの奥さまである
文子さんが、息も絶え絶えに
読んでる本(奥田 英朗 『ナオミとカナコ』 )を
説明する描写があって。

その中身が
私にはえらく
恐く思えたのだった。

「DVの夫を殺害するんだけど、
女二人での男性の
死体遺棄が、実際は
いかに困難を極めるか。」
というリアリティ。

確かに大変そうだ。
殺人より大変そうなのだ。

その本を読んでみたくなり、
それをAmazonで
予約して寝たのでした。

くわばらくわばら。

Please, Please, Please

JB,ジェイムス・ブラウンの
映画を観てきました。

なんて貧しい
おいたちなんだ、、、。
しくしくしく。
想像以上でした。

ある監督が言ってましたが、
映画で、「リッチな生活」を
表現しようとすると
どれだけ想像しても
ビックリするような
モノは撮れない、
想像に限りがある。

と。

しかし、
貧乏だけは
誰もがどんどんアイデアを
出せるのだそうです。

たとえに限界が
ないんですね。

そしてなんて、
カネに執着していく
人生なんだ。
という映画。

笑っちゃった。

メンバーからも
罰金取るて。

でもリハーサルの時、
怒った彼が、メンバーに
「おい!いいか?
ホーンもギターも、キーボードも
楽器はみんなドラムなんだ!」

と叱るのは、
いい言葉だと思った。

歌に「キレ」とか「タメ」とかを
命にしているような
セリフにも、ぐっとくる。

どんどん王様に
なっちゃうんだけど、
機嫌が悪いときに
メンバーが自分の
モノマネをしてたのを
ふと目にしてて。

(コワイな~)と
思ってたのですが。

ある日その人に
「おい、持ってるんだろ。
ヅラ出せよ!」と
言って、自分の
モノマネをさせる。

仕方なくやり始める
メンバーの男。

そのとき、どんなに
叱られるかな、、、
と、思ったら。
不思議そうな顔だけ
してたのも
印象的でした。
(オレってそんなか?)
みたいな。
あれ、怒らないんだ。

主役の人がソックリで
憑依しているみたいだった。

若い頃、
オットとJ・Bの日本公演を
観に行った事がありました。

しかしその時は
なんか世界的営業、興業、って
感じもしちゃった。

できすぎてたんですかね、、、。

ふと思い出せば
日清カップヌードルのCMにも
出てたんですよね。

「ミソッパ!」
とかいって
お湯、そそいでんの。

カッケ~!!

光浦靖子名言集

青木さやか、光浦靖子嬢と
私の三人でランチ。

光浦さんがこないだ
誕生日だったと思いだし、
私が一度行ってみたかった
「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」へ
誘いました。

いつもこのお店の前で、
メニューを見ては
しかし、入る勇気はなかったので、
親切にかこつけた贅沢。

そしたら隣のテーブルに。

青木さんのママ友が
(ごく普通に)、
というカンジで
ランチをなさっていた。

本当にいた。

初対面なのに
「ヨ、勝ち組~!」とか言って
冷やかしたりして。

下品ね~。

光浦さんが、
「ステイタスのある女性はだいたい
ノースリーブの黒ワンピを着る。」
と、またメモしたいような
名言を。

いつも、(あっ!)と
思うような名言を、
タダで吐かれる。

短くも的確。

「光浦靖子名言集」を
出すべきだ。

なのに、これを言っても
ちっとも動かない。

私が書こうかな。
(なんでだよ)

夜は椿鬼奴さんも合流。

今度はチキンライスを
食べに行った。

チキンライスといっても
あの赤いヤツじゃなく、
「シンガポール・チキンライス」
という、チキンのスープで
炊き込んであるごはん。

シンガポール料理の
メニューは、だいたい
アジアを全体的に
縮小したようなカンジ。

パパイヤのサラダ
水餃子、空芯菜炒めなど。

なんとかっていう、
名前は忘れたけど
中華っぽいお茶の中の花が
開いて、香りもよかった。

結婚おめでとう、奴さん。

忘れ物の拾い物

うっかりケータイを忘れ、
一日中
ノーケータイだったのですが。

なんと、ちょっと
まっとうな人に
なれている気がしました。

ちょっとでも時間があると
サルのように
覗いてたケータイ。

それがなくなると、

(そういえばAさんにお礼のハガキを書かなきゃ)
(お母さん、体調はどうかな。電話しよっと)
(次のお休みはこれをしよう。)
(コドモに何を差し入れようかな)
など、能動的かつ、
まわりを気づかいを見せていたのです。

脳は平和なんかより
ずっと刺激を求めるもの
なんだそうですが、
クリックばかりしては
一日をムダにしてたんでした。

でかけるとき、
たまには
忘れたフリしてみよう~っと。


目の泳ぎ

先輩と仕事して
(ハッ、あきらかに整形してる!)
と思った時の
自分の目の泳ぎかげん。
息ひそめかげん。

(ぜんぜん気がついてません!
だって、そうでしょう?
私、ぜんぜん
気がついてないんですから!)

という、自分の
心の動きが、相手に
伝わってしまうのではないか?

毎回わーってなる。

----おまえは自分に
嘘をついておるな----

という顔を相手に
されたらどうしよう。
(しないだろ。)

----いいえ、
だって私もエステ行っちゃ
たるみやシワを上げて
もらってるんですから、
おんなじですよお~。----

そういう顔をしよう。

整形は自由なのだ。

だけど、もっと
自然に、できないもんかな。
なんて、思いました。

うまいこと
なさってほしいもんです。