2015年3月のエントリー

音楽特番

「ザ・プレミアム 春ソング2015~あなたに贈る名曲セレクション~」
の収録。
松下奈緒さん、ビビる大木さんと3人で
司会を担当しました。

NHK BSプレミアムの音楽特番で、
秋川雅史さん、華原朋美さん、クリス・ハートさん、
指田郁也さん、さんご(Kiroro & HY仲宗根泉)さん、
徳永英明さん、夏川りみさん、
乃木坂46さん、一青窈さん、平原綾香さんの
歌でお届け。

4月11日(土)19:30オンエアです。
ネタもやったけど。(ちゃっかり)
よかったら見てね~。

音質

こないだイヤフォンを
新しく買いました。

店内で、
ちゃんと向き合ってみるか、と
次々とイヤフォンを視聴。
(おお!奥行きが、低音が!)と
思ったものを、フンパツして購入。
するか。

悩んだ、、、。

なんと5万円。

小さい頃、父親が
お店のアンプやスピーカーを
「次はこれだ!」と新規に
買い換えるたび、
人間、音質に凝るとこんなに
散財するもんなのか、、、。

と、恐くなった私。

小さなジャズ喫茶を経営しながら
いったいお金はどこで
捻出しているのだ?

聞くたびに母は
「子供がお金の心配してる!はははは~。」
と、笑っていましたが。

父に比べたらこれも
ものすごく安く感じる。

これからも音質に
こだわらないように
したいと思います。

カツアゲ

劇団ひとりさんのBSの番組へ。

スタジオが恵比寿にあったんだけど、
土曜日の街は
花見の人でいっぱい。

人も虫干ししている。

そんな風景だった。

夕方は、長年のスタイリストである
ワタビキさんの
息子さんの高校合格祝い。

よくがんばったね~!

ってなことを理由に
総勢6人で
お好み焼きを食べ、
ボーリングに行って(久々)、
ウチで乾杯しました。

夜、「みんなで屋上にあがって
桜とか空とか見てみますか」、
などと誘って向かったはいいんだけど
屋上に待っていたのは
大量の花粉。

カツアゲされるかのように
一人一人、くしゃみの連発を
させられました。

そうそうに引き上げました。

開花

たけしさんの番組に
ゲストでした。

キャバレーまわり時代の話になり、
「オレ、いつか
漫才を観に来たっていう客の前だけで
漫才をやりたいって何度も思ってた。」

という言葉が
胸に響きました。

見てない人、邪魔な顔を
されることも多かったのだとか。

おいたわしや。

そして、寄席や演芸場に
毎日、出られるように
なった時は、本当に
夢のようだったんだそう。

ドッカンドッカン
ウケたんだろうなあ。

自分でもやっと開花した、という
感じだったでしょうか。

すぐにテレビに出られる
今の若い芸人さんは、
思えばあんがい
恵まれている環境なんですね。

そして、そうした経験が少しづつ
肉体を、骨を作って
ビートたけしさんが
生まれたんですねえ。

すご~い。


私は起きている

ここんとこ、
抹茶をたしなむ私。

とは言っても、
花粉症で、日中すぐ眠くなるもんで、
苦肉の策なのですが。

ちゃんと茶せんで
グリグリーっつって
泡立てとります。

気分スッキリ。
起きてる、私。
私は今、
起きているの。
(生きてるみたいに言う)

おはようございます!

花粉症

番組打ち合わせ。

ところが、
6人中、私を含む4人で
くしゃみ大会でした。

話がすすまない。

やな季節です。

早く死んでくれないか

福岡で、
森山良子さん、白鳥恵美子さん、
岡本真夜さん、一青窈さんと私で
「オールナイトニッポンコンサート」。

福岡県民の
明るさも手伝い、
すこぶるよろしかった。

ところがだ。

後半のネタの途中、
うっかり大好きだった(でも亡くなられた)
角銅ディレクターの顔がふと、
頭をよぎってしまった。

途中からはあれ?と
思った。
結局は泣きながら
ネタを歌うという大失態。
バカみたいだった。

お客さんには心理的に
迷惑をかけた
ことでありました。

いったい
なんなんだ。

ヒトが死ぬってコトは。

いっさいの終わりっすよ~、
(サッパリ)だったら
いっそいいのだ。

私にゃ関係ない。
お疲れ~。

福岡出身の彼。

たまたま
福岡にいる私。

彼がいたら、
どういうかな?

お笑いへの
感受性がハンパなかった彼。

「まずまずですね。」
なんて言われたかしら。
ふざけろ。やってみろ。

なんていう
思いが
よぎってしまった。

この迷惑さたるや。

カクドウさん、
早く死んでくれないか。

こっちはとっくに弔いは
したってのに。

なんでちょいちょい笑顔を
出してくるんだ。

ぎょっ

酒井順子さんとラジオで御一緒しました。

私は酒井さんのファンだけど、
ラジオでしゃべるとすごく普通。
おかしかった。

無理してアゲたりしない。

「もっと乗れよ!」
と言っても、
「ノッテないですか?私。」
という風。

しかも瀬戸内寂聴の
モノマネもやってくれた酒井さん。

自分に自信つくわ!
でした。
笑った。

でも、そういうノーマルさが
好感度をさらに
アップしたようで、まわりから
誉められました。

ちなみに彼女は
「チベット鉄道」に
乗車した経験が
あるとか。

何千メートルもの
高山も経由するので、
途中で上から
酸素吸入器が
降りてくるのだそうです。

絶対無理。

でもそういう酷な話ほど
テンションをノーマルに話す方が
効果があがるもんですね。

ぎょっとしました。

さて、今度そんな酒井さんと
福島でトークショーを
いたします。

お近くの方、
ぜひご参加くださいね。

2015年7月11日(土)~12日(日)
福島県福島市あづま運動公園内民家園・旧廣瀬座
民家園開園:9:30~   入場無料 園内は出店・フリーライブを予定
旧廣瀬座開場:12:30~ 料金6500円(自由席)

<出演者>
酒井順子・清水ミチコ / 畠山美由紀 / Ann Sally / BLACK BOTTOM BRASS BAND / 綾戸智恵 / 大友良英

詳しくはこちら!

押さえクイックリー

そういえばオアフには
KIKUチャンネルという
日本人向けの
テレビがあるんだけど。

夜ボサーっと
つけてると、
吉幾三さんがときどき
顔を出します。

自分のハワイのお店のCMで、
あのやり手な感じの笑顔が
出てくるのです。

しっくりきて
笑ってしまいます。

おかしい。

あの人は笑える。

ち~とも
ヤな感じがしない。

しかも顔、
めっちゃテカってんの。

誰かおさえてあげて~!

馬と草原

プロの方の
つきそいで、
一時間半も草原を
馬で渡りました。

信じられないような
広さで、感動してしまった。
わ~、ホント来てよかった~。
でした。

それもそのはず、
この草原が
全米でも一番広い
馬場なんだそうです。
婆 IN 馬場、
やかましいわ。

私の先祖はきっと
しょっちゅう馬に
乗ってたに違いないなあ。
しっくりくるもん。

1503174.jpg

私の馬はタナカさんを乗せた
馬の恋人らしく、
ときどき二匹が
ヒソヒソしていました。

1503177.jpg

タナカさんも動物が
好きなヒトでよかった。

1503171.jpg


オアフ島では
カメにも顔を出してもらった。

1503172.jpg

オウムの愚痴も
聞いてやりました。
毎日営業で
イヤんなるんだってさ。

1503173.jpg

ま、私みたいな観光客が
いるからだわな。
悪いわねえ。

気がついたら、
さすがに
タナカさんがヒイてました。

ファイヤーダンス

ハワイ島へ。
どうせなら「ハワイ島一周してみる?」
なんて言ってたんだけど、
この島は四国の半分ほどの
大きさなのだとか。
2つの県ぶんほどあるのか!

夜、ショッピングモールに
行ったら、ファイヤーダンス的なことを
しているショーがありました。
お、やってるやってる、
と思ったのもつかのま。

1503175.jpg

うっかりして号泣してしまった。

1503176.jpg

ああ、幸せそうに踊ってるなあ、
と思ったときはもう遅かった。

昔から歌と踊りでぐっとくると
とても正気ではいられなくなる。

でもファイヤーダンスで、なぜ
日本人が?

ミッちゃんマジック IN HAWAII

どんなに大きい犬であろうとも
1503131.jpg


私にかかればすぐ開きます。

1503132.jpg


順番待ちの方もいらっしゃいます。

1503161.jpg

予約制。

おいしい一日

黒柳徹子さん、澤穂希さんと
三人で食事をしました。

なんだこのトリオ。

と、人間は一見珍味ですが、
レストランは一流でした。

「お肉はどれになさいますか?」
などとわざわざ選べるという、
高級イタリアン。

すげー。
さすが徹子さんプロデュース。

1503101.jpg

パリッパリに焼いた
魚もおいしかった。

1503102.jpg

パスタはアラビアータとバジリコ。
二種類って、アータ。

1503103.jpg

デザートには一度食べてみたかった、
クレームダンジェ。
私がチョイス。
料理の本でだけ
見たことがあった。

1503104.jpg

ここでも、誰より
早口で、よくしゃべりながら
人一倍食べていらっしゃった
徹子さん。
笑った。。。

1503105.jpg

三人乗せた
帰りのタクシーの
運転手さん。

一人づつ降り、
最後に
私一人になった。

「自分は、明日から
運気が上がるのが
わかりました。
本当に今日は、
最良の日でした。」
とまで、おっしゃってました。

たまたま徹子さんと、
澤さんの大ファン
なんだそうで、完全に
感極まっておられました。

よかったね~。

私は~?

晩白柚

数年前、著名人の
離婚会見があり、
別れたい理由のひとつに
「もらいものが多すぎて」
というのがありました。

当時は世間から
とてもさげすまれたものです。

「たとえば、牡蠣とか~、
特別に名産地のいいものを、
たくさんもらうのです。
でも、そのあとの
下処理なんかがとても大変で~」。

「それも恐くなった」。
なんていう。

当然、バッシング
されていました。

しかし、これが
(わからないでもない)、
ってな時がある。

この人は今もって
(まったく正直な人だなあ)、
なんて思います。

せっかくのもらいものに
困窮することって、
案外あるのも事実。

けど、口にしては
いけないような何か。

自分に重いんだったら
捨てればいいじゃないか。
とも思う。

でも、そういう事を
あっさりできる人間と、
絶対できない人間がいる。

私なんか後者。

できそうで、できない。

以下↓の話も
ずいぶん昔のこと。

素晴らしく大きくて美しく
おいしそうな
晩白柚をいただいた。

私はかんきつ類が
大好きなのだけれど、
翌日から海外に行く。

顔の倍ほどはある
このよく育った
美しき果実を、
いったい誰に渡すのが
最良の方法なのだろう。

私のオットはそう果物を
食べるヒトではないので、
しぶしぶ食べてもらうのも
もったいない。

あのコは
そういう果実ではないのです。

パッキングして
海外に持ってくか。
でも、あまりに
デカすぎるなあ。

あの人に差し上げる?
この人は?
などと考えるのだけど、
どの人もまず大丈夫、なのだ。

けれど、それなのに
それを渡す時間をさいてもらう、
ほどではない、というか
恐縮すぎる。
なんつったって、コレは
もらいものなのだ。

結局、私は皮をそいで
海外に持って行く
ことにしたのでした。

スタッフと分けて、
食べました。

一人は
「なんすか、コレ、持ってきたんすか?」。
とか、笑っていました。
笑う気持ちもわかる。

ちょっと恥ずかしい。

でも、せめて
誰かがおいしい、とか
わかってくれたら
いいな~、なんて
希望を持ってる自分が
いてしまう。

そして残る
適度な疲労。

まったくもって
バカみたい。

要はともかく自分を
うまいこと操作する
ことなんだな。

捨ててもいい自分。
食べてもいい自分。
あげてもいい自分。

ともかく自分よ、
どっちみち軽くあれ。

それだけでいい。

それができないと
人生が変わってくる。

悪意も何もない
他者から、いとも簡単に、
さりげなく
操作されてしまうんだ。

そんな気がしたことが
ありました。

9年半

テレ東の番組「所さんの学校では
教えてくれないそこんトコロ!」。

私もレギュラーで
出ているのですが。
今年でなんと9年半。

リニューアルとなり、
私も大好き、大橋アナが
辞めることになっちゃった。

とはいえ、朝の番組の
キャスターを担当とのこと、
昇進、おめでとう!という
話なわけですが。

レギュラー陣そろっての
お別れ会がありました。

この中で、
「これまでの大橋さんの活躍」
を一気に振り返ったVTRをみんなで
鑑賞。

これが、へ~っと
思うほど面白かった。
ラストはご主人(野球選手)まで登場。
私ならこれを
総集編として放送するな~。

なんにしろ、
愛されてる人柄ゆえのことと
思えました。

大橋さん、長い間
お疲れ様でした!

鳥かご

岩手は釜石へ。
3度目の釜石。
皆さん、寒い中を集まってくださり、
ありがとうございました。
手編みのプレゼントやお菓子まで
ごちそうになりました。
おばちゃんたちの
「へへへへ」という
低い笑い声が忘れられません。

翌日は盛岡へ。
2000人の皆さん、
盛り上げてくれてありがと~。
指笛上手な人が右に、
左の二階席に
数人いたので、
会場がまるで
巨大鳥かごみたいになった。

メッセージ

横浜で
かわい子ちゃんと
待ち合わせ。

30分も前に着いたので、
一人で本を読みつつ
お茶をしてたら。

隣の席のファミリーの
お母さんらしき人の
話し声が
聞こえてきた。

(お?私と声のトーンが
似てるな~。
しかも、テンポや話し方まで
そっくりではないか!)
と、わかり、
くすくす思いながら
聞いてたら。

ものすごく
口が悪い。
おいしかった
コーヒーの味がしなくなった。

これが私かもしれない。

自分の冗談に自分で
笑ってる。
それに対し
家族はヒキ気味。

(いつものこと、気にしないで行こう)
暗黙の了解が
あるかのようであった。

本当に口調が
ひどい。。。

「あ~、タバコ吸いて~!」
と、お母様が大声で言い、
喫煙コーナーらしき
場所へ出て行った。

家族は一瞬だけど
ホッ!
としていたようだった。。

これはきっと
神様からの
さりげないメッセージなのでは?

マジ、気をつけよう
と、思いました。

ももクロ

ももクロの皆さんと
ラジオの生放送で御一緒し、
ももクロの映画ドキュメンタリーの
ナレーションをしました。

そして、
今日、土曜日は
ももクロの映画
「幕が上がる」の公開日。

私も母親役で出演しました。

どうして私をこうも
使ってくださるのか
わからないけれど。

感謝します。

でも、芸能好きな私。

(これは)、と思う
どんな優れたアイドルでも、
ちょっとずつだけれども、
ほんの少しづつ
汚れて行く。

のがわかる。

人間には
「慣れ」というものが
すぐに身につくものであるから
仕方がない。

スレていく方が
ハッキリ言うと自然、
というかな。

でも、それなのに
このメンバーだけは
そんな気がしない。

信じてよさそうなカンジ。

清らか、というのは
短いものだけど、
逆に、汚れたら汚れたで
いいじゃないか、とまで
思えてしまう。

わかりたい、
というような
不思議な気持ちになる。

最後まで注目していたい。

どこかで自分を重ねたい
というのかしら。

生放送が終わったら、
次の収録があるというのに
待っててくれて
一人一人お礼を言ってくれた。

(そこまでしなくていいよ!)
と、正直思った。

長引いて欲しいから。

この仕事に
疲れないでほしいのだ。

ももクロは本当に
特別に清いんだな~。

だからこそ、
どんな
大きなスタジアムにしても
応援するファンに
エロい視線が
皆無なのかな。