2014年11月のエントリー

成田、、、、?

さっき、
「今年もフィンランドから
サンタクロースが
成田に到着しました。」

と、大柄なサンタが
タラップに降り立ち、
手を振っているところを
ニュースで見ました。

キャスターも若干
微笑みながら紹介。

いいの?

ソリ感、トナカイ感は。

飛行機丸出しだけど。

バレちゃうんじゃないの?

実は、
「子供に優しいから
サンタクロースが大好き!」
なんじゃない。

外国人!

うちら外人が大好き!

いまだに尊敬沸いちゃう!

ってなカンジが。

(感想には個人差があります。)

マンパワー

「さっき、イベンターさんから
電話があり、先週、
清水さんは何の番組に
出られました?
急に武道館のチケットが
またど~んと動きました。
と聞かれました。」

と、スタッフ。

わあああ~!

ほぼ日の応援に
間違いないじゃん!

すごいぞ、マンパワー!

私は12月っから
プロモーションに
出る予定では
あるんだけど。
ポケットティッシュが
メディアより先に
人を動かしたという、
現代のおとぎ話が
誕生しました。

出来不出来

おととい、友人が
電車にいたそうなのですが。

車内にいた、一人の
男性の携帯から
突然、警報音が
鳴り響いたそうです。

誰もなってない。

その携帯だけ。

電車の中の人、
ジロジロ、シーン。

シーン。

ガタゴト。

シーン。

ガタゴト。

そしたら、車内
アナウンスで
「1分前におこった
地震のため、確認作業で
一時停止します。」

(おお)

( なぜ、あなた様の
携帯だけお鳴りに?)

という、驚きの視線
となったそうです。

「で、携帯には、出来不出来が
あるのではないか」、と
その友人が言ってました。

出来不出来。

コロコロ


ときどき利用している、
近所のクリーニング屋さんの
こんなサービス。

「プレスだけ」システム。

知ってましたか?
アイロンだけかけてくれるの。

まわりの人には
「そんなのあるんだ~」
と言われましたが。

こんなの
やって欲しい、と
思うのは
「猫の毛を取るだけ
サービス」。

猫の毛って案外、
洋服の繊維の中にまで
うまいこと入ってて、
コロコロで取ったつもりなのに
また出てきてやがる!
ってことが
あるんですよね。

いつだったかお葬式に
行ったら、コートの背中に
さりげに猫の毛が
ハラハラついてた人が
いました。

わかるわあ~。
飼っていらっしゃるのですね?
と、言葉をかけたく
なります。

冬はまた
黒っぽいコートが落ち着くから
余計目立つ季節でもあり、
コロコロは手離せません。

なぜだ

今日は超カンドーした。

イトイさんのとこのスタッフ。

どう動かしたら
こんなことができるんだろう。
ケントーもつかない。

と、思ったのは
表参道で彼らを
見ちゃったとき。

私の武道館公演を
応援してくださってるの
ですが。
イタズラに
見てみたら
めっちゃまぶしかった。

なんというか、
なぜだか、なんとも
「楽しそう」な光景だったので。

こういう笑顔って、
芝居だと、思うほど
長くはできない。

これ、本当に続けられない
ものなのだ。

でもさ、一種、
仕事なんでしょう?

あるいは
バカなのか?

と、そういう話題になったのは
夜になってからのこと。

なんでああいうことが
できるんだろ?
って話に
スタッフたちとなりました。

事実、普通は
マネできません。

利潤ナシ。

オット、友人、
SONYの松田さんも
現場である表参道まで
行ってくれたらしい。

そして、ティッシュをもらいながら
お礼を言いつつ、
めっちゃ感動しちゃったらしい。

ティッシュを配る、という
身体を張ってくださってるって
事だけじゃない。

これだって、ナミの人間には
バイトでやってみると
耐え難いものがある、
と知人に
聞いたことがあります。

タダなものは(ティッシュなのに)
もらわない方が賢い、
みたいな、普遍的な
価値観が、ふつうは
強固にある
ものなのだと。

それなのに、
配る方が
「実に楽しそうだった」
という姿。

ここが焦点たる
話題でした。

いつか俳句に完全に
魅了されてしまった
私の弟がこんなことを
言ってました。

「たとえばさ、芭蕉ってのは、
稀に現れたりする、
カリスマな存在なのよ。
今でいうとイトイさんみたいな
存在だったんだろうなあ。」

なんだか凡人には
目に見えないパワーが
彼にはあるのでしょうか。

しかもいつも明るく、
善的なもの。

いつだって、
社会的に立ち向かえるような
ニュースにも、すぐに
激怒の言葉を
発したりしません。
うまく早く言えるだろうに。

不思議でしかた
ありません。

何をどうしたら
こういうことができるのか。

彼はいったい何を
信仰しているの?

なんていう
プライバシーまで、
知りたくなりました。

まあ、とにかく
ほぼ日の皆さん、
どんなにお疲れになったかと
察します。

本当にありがとう
ございました。


CDジャケット完成!

新しい私のCD「趣味の演芸」の、
アルバムジャケットが完成しました。

大満足。
やったね!
漫画家・堀道広さん作。

1411211.jpg

なんか、めっちゃ良くないですか?

ハンパない趣味感。
透き通る純朴性。
長持ちする味わい。

発売日は12月24日、3,000円(税込)。
プレゼントにもいかが?

だってだって、ジャケ買い
したくなるデザインではないでしょうか。
ジャケがいいCDってのが
ホントに中身もいい不思議。

だからオススメできます!

堀さん、本当に
ありがとうございました。

感激

あした、糸井重里さまの
ほぼ日の皆さんが
こんな事を
してくださるそうです!

http://bit.ly/1vsuIDI

うるうる。

めっちゃうれしいい!
つか、ビックリした。

警察にもお世話に
なってきただなんて、、、。

本当に本当に
ありがとうございます。

身体を張ってこんなこと
してくれるだなんて、
どうお礼を言ったら
いいのだろう。

さっき読んで
感激しました。

明日は私も
のぞいてみよう。

言いにくい言葉

おなかが空いて
TV局の社食で
ごはんを食べた。

焼き肉定食か
ミニ海鮮丼しかなかった。

もう営業時間終了の
30分前なので、
そんなものなのだ。
厨房は若干、片付け
体制に入っている。

ここはミニ海鮮丼で
行きましょう。

「海鮮丼で、お願いします。」
「はーい。」

その時私は見た。

作るのではなく、
「見本」のヤツを
手に取った店員さんを。
悪い予感は的中し、
それは私の手に渡った。

店員さんの顔には
何も書いてない。

「ふつうのこと」
「いつものこと」
なのだった。

「スマイル0円」
みたいな感じの
「悪気ゼロ!」
なのでした。

う、、、、。

何時から
作り置きして見本に
なってたヤツ
なんだろう。

ラップで巻いて
あるけど、、、、。
大丈夫なのか。

文句は言えない
400円。

室温のままの
生ぬるさだった。

「それだったらいりません。」
と、あのとき言えたら、、、。

案外、世の中には
言いにくい言葉がある。

ハンサムガス

自宅に
ガスの点検の方が
来てくれました。

そろそろ買い替え時という
ガスコンロ。

そのサイズ等の
ご相談。

ところが、私が一瞬
外出しなきゃってことに
なっちゃった。

オットがピンチヒッター。

私が帰宅したら、もう
その方はお帰りだったのですが、
オットがその方の顔を
「えっ?と思って
また二度見した。」
と言ってました。

というのは、その方が
(なんてカッコいいんだ!)と
声に出しそうなくらい
ハンサムだったらしいです。

男が二度見するほどの
ハンサム。

って、どんな顔なんだろう。

見てみたかったな~。

タイトルがちょっと雑で
すみません。

おお

ニュースを見てて、
はっ、と
変なことに
気がつきました。

人は皆、誰かの遺族
なんですね。

おお。

ある期間をすぎて、
そうではなくなって
行くだけで。

おお。

そうじゃった。
そうじゃった。

忘れちゃいかんぞよ。

そうじゃった。
そうじゃった。

(誰の声なんだ)

ガス抜き

青木さやか嬢、
スピリチュアルのCHIEちゃんと
三人でごはんを食べました。

青木さんはやっぱり面白いな~、
すぐムキになる。
怒っている時の青木さんが
一番イキイキしている。
そしておかしい。
なのにすぐ傷つく。
そして全部顔に出る。

ああ見えて人見知りでもあり、
最初はぜんぜん
CHIEちゃんにも
目を合わさないでしゃべっていた。

CHIEちゃんはニコニコしていて、
22歳なのに一番大人みたい。

でも30分もすると
三人とも
すぐに仲良くなっていた。

私も久しぶりに
たくさんしゃべって
今日はホントに
いい一日だった。

やっぱりガス抜きは
必要だな~。

くるりのライブ

今日はくるりの
コンサートに行ってきました。

色んな意味で
カンゲキでした。

お客は興奮、
ステージの人間は冷静。

めっちゃカッコいい。

内向的な情熱の
ほとばしり。

これこそがロックと
言わずして何で
あろうか。

私は二階席で
観たんだけど、
お客さんもとてもよかった。

はじめっから立って
盛り上がったりしない。
芸能じゃない。
アイドルじゃない。

一緒にいった
コドモなどは隣にいて、
泣き疲れてヘトヘトに
なっていました。

くるりをロック、
などと
ひとくくりにしては
いかんのではないかと
思ったほどでした。

踊り場

「階段の踊り場に
置いた紙持ってきて」

と、オットに言われ
ふと
気がついたんだけど。

誰が名付けたか
知らないけど
あの狭さで
「踊り場」って、、、。

ないわ~。

どう踊るんだ。

タテノリか。

はは~ん。

あの歴史は
こっから生まれたんだな。

~清水刑事の事件簿より~

完成!

ここ一か月は
スタジオに通いながら
という生活だった私。

そしてきのう
CD「趣味の演芸」のネタ
録音部分が全部終わりました。

わああああ~

本当にできた!

ヒンドウー語を
教えてくれ、あんな早い曲を
一緒に歌ってくださった
インドのチャダさん、
ありがとうございました。
(どんなCDだよ)

こちらはバイオリニスト
伊能修さん。

私のピアノとともに
「G線上のアリア」を
演奏してくださいました。
感謝です。

1410311.jpg

どんなネタになったかは
CDでお楽しみに!

12月24日、
リリース予定ですが、
ツイッターで
「AMAZONでもう予約した」との
メッセージをもらってビックリ。
早いっ!

ありがとうございます。

リバーシブル

この洋服を買おうか、
と、迷ってたら
リバーシブルな
デザインだとわかり、
背中を押されました。

買いだな、と
思ったけど、、、。

実際はいつもなんだか
関係なくなるよね。

リバーシブルって、
得したようで、結局
裏側ではいつも
なかなか着用しないもの
なのだった。

表を好きになったんであって、
裏はそう好きではないのだろう。

私が靴下会社の社長なら
「リバーシブル靴下」を
かかげて売るね。

人は(どうせ買うなら)に
弱いもんだし、
実際、履くときに助かりそうだし。

そして靴下はもともと
縁が短いものだ。

使わない手はなさそうなのでした。

誰か特許取っとく?!

わけあり

テレビと取材と、レコーディング。

しかもレコーディングは
9時間!

しかもぜんぜん
休憩なし!

っつか楽しいもんで
食欲もなし。

こんな気持ちになるのは
何年ぶりだろう。

めずらしく
体重計に乗るのが
楽しみだ~。

夢中ダイエット。
本出版できそうだ。
(売れなさそ~)

深夜に帰宅して
なぜかコメを研いで
明日ぶんの
しめじ炊き込みご飯を
炊いたりして。

完全にハイに
なってます。

そんなときは
大竹しのぶさんの
写真を見て
いやされます。

写真が必ず、「わけあり」
みたいになるのが
おかしい。

もちろんこの二人には
何もないのに、ですよ。

なんだかストーリーが
感じられませんか?

いったいどういう才能
なのでしょうか、、、、。

1410302.jpg