大瀧詠一さん

2014/01/02

大瀧さんは、私が
渋谷ジァンジァンで
ライブをやってた頃から
何度も足を運んでくれ、
たくさん助言を
してくれました。

なかなかの皮肉屋でした。

しかし、ちょっとしょげていると、
「でも、オレは
なんだかんだって
ブライアン・ウィルソンが
来日したっておまえの
ライブを選んでんだぞ。
ま、意味わかんねえだろうけどな!」

と言ってくれたり、
ラジオもよく聴いてくれてた。

「アレは、キミいかんよ」とか
「あれはナイな。」
など、メールでも
お言葉をいただきました。

ある日のビバリーでは
「よく耐えたね、、、。」
という言葉が身に沁みました。

大瀧さんはめちゃめちゃに
言い放ちながらも
よく笑ってくれ、
また私の音楽的知識のなさに
ため息をつかれつつ、
またそれすら笑ってくれた
人でした。

急にいなくなっちゃった。

写真は
「ふん、おまえこんなの
 持ってたのかよ」
と、言われながら
サインをして
もらったアルバム。

1401071.jpg

pagetop