2004年 Archive

年末なのにおめでとう。

2004/12/29

できたー!!っていうか産まれたー!!ボーン!!

私の録音部分のレコーディングは24日のクリスマスイブに全て終わって、
あとはマスタリングやジャケットデザイン、歌の本など書いて、
来年の2月23日の発売を待つばかりです。
出しませんか、と声をかけてくれたソニーミュージック加納様のおかげです。
可能様です。

「楽しかったし、満足できました、メリークリスマス!」と、はしゃぎついでに、
「値段、安くしてもらってもいい?!」と、皆さんご存知のあのかわいい
笑顔でたのんだところ、なんとほぼ2500円でOKになりました。
踊った。超安くない?!って、中身はたっぷりで安くないですぜ!
私は本当に神様に感謝しました。(だってヒトの声ばっかりなんだもん。)

ちなみに先日、桃井かおりのネタをレコーディング中、大瀧詠一さんが
ふと現れたんだけど、その時(こんなレコードKINGがやってこられる
なんて、きっといいものができる!!)と確信しました。
年末だけにはっぴいえんど。うふふふふ。
ちなみにタイトルは「歌のアルバム」、
ジャケットイラストは五月女ケイ子さんです。お楽しみにね。

ではよいお年を。

ヨカ

2004/12/14

顔は溶け込み写真用に、のどはモノマネのために、
腕はピアノ用に、と体内をあますところなく使っている、
環境にやさしい私ですが、先日休みができたので
ヨカにヨガにトライしてきました。(普通かよ)
呼吸法ひとつとっても、ゆっくり動かす足腰の筋肉にしろ、
へえ、自分の脳が身体をコントロールしていくっていうのは
面白いなあ、と発見しました。
意外とこんなチャンスってないじゃないですか。
せにゃいかん時はたくさんあるはずなのに。ねえ。
ヨガったら皆さんもいかがですか?
しかし、先生に「清水さん!手の向きが違うでしょー」、などと
名指しで注意されるのも久々で、めちゃ顔が赤くなりましたが。

そういえば、いつか聞いたプロのミュージシャンの友人の話。
ある日ある時、演奏をいきなり頼まれ、心理的に最低な演奏を
してしまった、んだそうです。「なんだか、こう思われてるんじゃないか、
とか、今のはミスに判断されなかったか、とか、自分が勝手に作り出した
言葉の洪水に溺れた」んだそうで、「音楽に身を委ねるなんて
とうてい出来なかった」らしいです。
で、メンタルな面を鍛えるために、とにかく体力をつけることにしたそうです。
つけるまでの過程こそ、精神を養う、んだって。
そういうもん、なのかもしれませんなー。
先日会ったら、ちゃんとややマッチョになっていました。

この、私がたまーに顔を出しているスポーツクラブでは、ほかにも
スキューバの免許やら、エアロビやら体操やら、一度お試しあれ、
ってなカリキュラムがたくさんあるので、ちょっとした門外漢の
味見にはもってこいのようです。

ところで、このHPにまたたくさんメールをいただいてたので、
次回は返事を書きますねー。
いつもありがとうございます。
では、また。

レコーディング その2

2004/10/25

 041025_01.jpg

CDの製作、キセイキセイで、大変。
10月なのにキセイラッシュ。
さすがは一流の会社、許諾関係
(ご本人から許可をとる)をしっかり
するため、(当たり前なんですけどね。
今までよく出せてたって話です、、、。)
ありゃ、これもだめ?これもか?
という驚きばかり。
で、すっかり煮詰まり気味に。
しかし、先週私は立ち上がった。(はやっ!)

つまり、こうです。
許諾なんかに時間もしこりも残るようなコントのネタはもうほとんど
やめることにして、音楽関係をメーンにして出しましょう、と。
そこにおもしろさやおかしみが出たらよけいよろしいではないですか。
まったく何をやっても自由な空間よりも、どこかに制約があった方が、
かえって自由な発想が生まれる、と、いつか三谷幸喜さんも言ってました。

ちょっとびっくりしたのは、
CDの場合、とにかく人(アーティスト)の名前を使って
勝手に歌っちゃいけないそうです。
しかし、「じゃあ、ジョンレノンに捧ぐ、とかは?」
と聞くと、そういうのは、いいんだそうな。
よーし、捧ぐぞー(!?)

それにしてもピアノ、すばらしくいい音です。
感動しました。

ぜひCDが出たら聞いてくださいね。

041024_02.jpg

味わいあるひとこと

2004/10/19

私のマネージャーの妹さんは、
今年からディズニーランドで働いているんだそうです。
二人はとても仲がいい姉妹らしく、しょっちゅう電話したりメールしたり、
なんだそうですが、何気なく
「そういえばさー、あそこで、ここだけの秘密みたいな話ってないのー?」
と軽く聞いたところ、妹さんはちょっとだけ間をおいて、
こう言ったんだそうです。
「それはできないんだよ。ごめんねお姉ちゃん」。
「なんで?」と、聞く姉。

「私はさ、もう違うんだよ。
夢と魔法を、かける側の人間になっちゃったんだよ」。

ですって。
なーんていい言葉でしょう。プロフェッショナルじゃないですか!!
その話を聞いた私は絶賛し、その言葉
「夢と魔法を、かける側の人間になっちゃったんだよ」を
何度か口にしたのは言うまでもありません。
私は個人的にナイトメアビフォアクリスマスのファンなので、
(今年また上映されるナイトメアの映画のパンフレットにも執筆してます)
ぜひまたディズニーランドでナイトメアの魔法をかけられてえー!!
と思ってる次第でございました。

レコーディング

2004/10/06

乃木坂・SONYのスタジオで。
『ワル!』『聞きづらいトリオ』などを収録しました。
たまーにミキサーさんたちが笑いを堪えてるのを見ると
(最高。この仕事。)と、うひゃひゃと思えてくる。
夜、時間もおしせまってるってのに、『不思議なリズム』ネタ
ひとつ追加させてもらった。

ある有名人からはモノマネ禁止令?発令で残念ながら観念して断念。
あああ。誰ですかとか聞かないように。
谷があるから山が見えるのよねー、と自分に言い聞かせつつ。
谷め!と、サユリちゃんにグチりながらも、
やっぱり機嫌がいいので終始ニタニタ。ライブでやろ。

社内・人事異動があり、高橋小百合さんが私の
新しいマネージャーになりました。
ヤノッチはじめ、私は優秀な人に恵まれてますなあ。

次回はピアノスタジオで収録します。スタィンウェイのフルコンだそうで、
楽器にも恵まれてましたな。あとは、、、。

041006.jpg

夏休みも終わり

2004/09/28

夏休みも終わりましたね。
私は去年まとまった休みをちーとも取れなかったので、今年は久々に
長期旅行をしてきました。といっても6泊8日のオアフですが。
でもこれが考えてみたら人生最長の旅となってたのでした。
まあ、そんなには今後も取れないかもしれませんが。

あちらではなぜか韓国、メキシコ、チャイナ、イタリアンなど、
各国の専門料理が充実してるようで、それも楽しみだったのですが、
皮肉なことに外食にもすぐ飽きてしまい、夕食だけレストランで、
朝とお昼はもっぱらコンドミニアムで料理を作ってました。
これが意外なほど楽しかった。

スーパーに行って見知らぬ食材に挑むのも面白い冒険で、
(ムール貝やらオマール、見たことのない魚、あっちのお米など)
限られた調理器具で何ができるか腕をふるう、というのは
まるで新婚気分です。たとえが違うか。
鍋で炊いたごはんに、納豆、海苔、目玉焼きなんて
サザエさん家みたいな朝もありましたが。
帰国までの残りの二日は、残り物をいかにきれいに食べてしまうか、
となって、世にもめずらしいスープができたりしました。
これからの旅も、こういうキッチンがついてるところがいいな。
ホテルより安いし、旅行中なのに生活してる感が新鮮に味わえるので
オススメでしたよ。

Cnv0001.jpg

メンチも切ってきました。

ご報告

2004/08/06

私の全国ツアーも終わりました。
皆さん、ホンットにホンットにありがとうね~!!
気が抜けたみたいになってるところへ、メールをたくさん
ありがとうございました。

さて、あの不思議なアラビアの歌のCD発売はないのか?
についてのメールがとても多いのでご報告。

残念ながらあれは、私がニッポン放送にあるCDの図書館
みたいなところで、ホコリかぶってる状態のアラビアのオムニバスCD
をみつけたもの。店頭在庫・再発はおそらくないものと思われます。

しかし、この12月をめざし、久々に私のCDが発売決定となりましたっ!!

たくさんネタを入れるつもりですので、ぜひぜひ楽しみに待っててください。

20040806.jpg

「お楽しみ会」ライブツアーのお願い!

2004/06/10

 040610_01.jpg

 

いよいよ今月の11日から全国各地でのライブツアーが始まります。
もう、楽しみでしょうがなくって。
本音を言うと、軽い気持ちでつけたはずの
「清水ミチコのお楽しみ会」というタイトルが、
自分にそのまま予言したようになってきました。
チケットまだ買ってない、なんて県の方は、ぜひいらしてみてください。

アンケートによると、今のところ、
海外の歌、シャングリラ(松任谷由実様のパロディ)、精神科ネタ、
北朝鮮のニュースキャスター、弾き語り天気予報、ワル、
溶け込みシリーズ、UAの歌マネ、が好評のようです。(順不同)

なんつって知らない方には意味不明ですかな。
いつもどこかサブカルを感じる、なんて意見もなんだかうれしかったな~。

 

040610_02.jpg

さて私は、ここ最近は行く先々の
地元ネタを捜してます。
いつか、ある県で
「とにかく、あんたら駅前「アカシア」の
小倉パイばっかり食ってるんじゃないよ」

なんて地道に調査したワーズを
さらっと言ってみたら、
やにウケたのがめちゃうれしかった。
急に客席と近くなったんですね。

なので、どうかここでお願いがあります。
各地で、こんなことを言ったらここではウケるであろう、
というシブいネタを私に教えてくださいませ。
場所は愛知・愛媛・沖縄・神奈川・静岡・兵庫・福岡・北海道(詳細はinformationを見てね)です。

お待ちしてま~す。

メール、受け取りました。

2004/05/24

たくさんメールを受け取ってました。

神奈川の13歳女子からのメール。

≪こんにちは!初めてメールさせて頂きます。
日マネ聞いてます。今週(今日)は2時間でしたねv
とても楽しんで聞かせていただきました。ただ、なんでもないこと
なのですが、今日、ドラえもんとしずかちゃんのまね会話を始めに
してましたよね?そのとき、しずかちゃんが、ドラえもんのことを
「ドラえもん」と呼んでいたのが、少し気になりました。
しずかちゃんの場合は、「ドラちゃん」と呼ぶんじゃないでしょうか?
・・・ホントになんでもないことですね(汗 スイマセン
これからも御活躍楽しみにしてます。
お体に気をつけて、がんばってください。応援してます!
また、御迷惑にならない程度にメールを送らせて頂きます。≫

ありがとうございました。
さっそく放送でおわび(?)し、ちゃんと「ドラちゃ~ん」と、
しずかちゃんになりきって呼ばせていただきました。
最後の一行が、やにオトナなのがいいですね。

そして次は福岡のキンタクンテさんから。

≪今度のライブ、福岡にもきてくださるのですね。非常にうれしいです。
1月の草月ホールも行きましたが7月の福岡・イムズホールも行きます。
隅から隅まで、あの時と全く同じネタでも全然オッケーです。
今度は笑い疲れないように体力つけなきゃ。
先日福岡のプロモーターさんから宣伝のハガキが来たので
本日そちらの先行予約でチケットを確保しました。そのハガキに
「15年ぶりに、イムズへ帰ってきます」と書いてありました。
15年てー。生まれた子供が中学3年になる年月でっせ。
どんだけほっとかれとっとか、福岡。と思いました。
とにかく本当に楽しみにしています。ではでは失礼致します。≫

リズムのいい文章を書かれるお方ですな。
ちょくちょく福岡は行ってるもんで、ライブがそんなに久々だったなんて
私もうっかりしとりました。
先週も行ってきて、空港でMD聞きながら、やたらおみやげを買いました。

埼玉県の田中くん21歳。

≪先日j-waveでの「はっぴいえんど」とのラジオ、
本当に楽しく聴かせて頂きました。
あのギクシャクトークは大瀧さんのおっしゃるように絶妙でした(笑)
私もはっぴいえんどの大ファンなので「もう一度再結成しないんですか?」
とメンバーの三人に質問されていて、何ともファンの気持ちを
代弁してくれているようでうれしかったですね。あの質問は
ミッチャンじゃないと緊張してしまってメンバーに質問できないかも(笑)
とても楽しいひと時ありがとうございました。≫

私はその前の収録が伸びて2時間ほどお待たせしてしまい、
ドキドキ冷や汗の放送でした。
いただいたメールの内容は、そのまま大瀧さんにもお伝えしましたよ。
あのあと食事をしたのですが、こっちの内容を放送できたら!
と、とても残念でした。どうしてもリラックスできますもんね。

東京都のヒカリさん27歳

≪清水さんこんばんわ。私は歌を勉強中のフリーターです。
最近声の勉強のために清水さんのラジオを聞き始めました。
松任谷由実、似すぎ!
というか、本人の生霊が入っている感じです..!
驚愕のあまり体がしばらく固まりました。中森明菜も好きです。
「日曜はマネよ」で、うそうそ講座とかないのでしょうか?
(モノマネのワンポイント講座)を切望いたします。どのように口をあけ、
どのように生霊をとりこめば似るのか等、教えてください。≫

ホント?ホント?
やはりシャーマニズムのポイントは尊敬とファン心理じゃないでしょうか。
(と、低い声で)
ライブでもやりますから、機会があったらぜひ聞きに来てください。
(と、低い声で)
横浜大好き~!
(と、低い声で)

神奈川県の茂雄さんからは、

≪「日曜はマネよ」このテンションは何なのだろう。最高です。
お陰様で、日曜日に"元気"をもらって、月曜日から働きに行く気に
なります。私は、この時間は、ラジオを持って、横浜公園のベンチで
聞いておりますが、私の笑いに合わせて、ダンボール・ハウスの
失職中人間小屋からも同時に笑い声がするのは、何故でしょう?
小泉首相もきっと、世の中明るくしてくれて有難うと言っているはずです。≫

しみじみいい光景ですなあ。
うれしかったです。
確か横浜公園って、ずっと昔にやな思い出があってね。
高校生だったかにサインしてたら、それに気がついたおばちゃんたちに
「あら。私にもサインして頂戴」なんて言われて、書いて渡したら
じーっと見て、「これ、なんて書いてあるの?」「失礼だけどあなた誰?」
という質問が帰ってきたという、、、。な、名乗りづらい、、、、。
しかしこれでスッキリしました。

ほかにもたくさんメールをいただいてました。

ありがとうございました。

たまたま物語

2004/05/06

先月、イラストレーターの和田誠さんと食事をする機会がありました。
和田さんはいつも、偶然にさあ~、とか、たまたま僕がそこにいてね~、
とか必ずのんびりした口調のワリには、へえ~っ!!と思うような、
不思議な縁が必ずついてまわる運命の人のようで、
私はその不思議をいつか言おう言おうと思っていたのでした。
ついこのあいだ田中真紀子さんの長女の問題で発禁になった
週刊文春(表紙・和田誠)は、いったいどんなひどい記事なんだ!
と思って読んでみたら、「ウッソ~。こんな程度のことだったの?」的な、
あんなに怒られたワリには薄っちい内容で、しかし、やたらあのかごの中の
鳥のイラストの表紙が、何度も何度もテレビの画面に出てたワケです。
きっとこのイラストにも偶然が?と思ってたら、なんと後記に
「表紙の鳥はウソという種類の鳥です」とあったので、
ほらまた、と心の中で思ったのでした。

「カゴの中に入れられた、嘘のような展開。
出版禁止になった本の表紙は、まるでそれを象徴しているかのようでした。」
私がニュースキャスターだったら、それを言ってCMにする。

そんな話をしたあと、しばらくして音楽の話になった。
和田さんが、「URCレコードっていう会社が昔あってさあ、僕がそのころ、
どうも若い人の音楽に対してアンテナがうとくなってるなあ、と感じたり
するとちょいちょいのぞいてたんだよ。レコード棚からひょいひょいっと
持ち上げて迷っていると、うしろっからいきなり声をかけられて、
『それ、俺のヤツだから買ってくださいよ』『うう~ん、
じゃあまあ、聞いてみるか。』なんて会話があったんだから、
ほんと、のんびりした時代だったよねえ、」と言う。
また小さな偶然で、URCといえば私は翌日、番組ではっぴいえんどの
細野さん・大瀧さん・鈴木さんとお会いする仕事があり、実はやや
緊張していたのだ。不思議なご縁だなあ、この話も。
とその日は思いながら帰りました。

番組はなんとか終了し、大瀧さんと初お食事をし、スルドイ見解に
舌を巻きつつも、ちゃっかり仕事のお悩み相談したりして、楽しかった。
緊張ゆるみっぱなし。
で、その番組の中で、映画「ロスト・イン・トランスレーション」に
はっぴいえんどの曲が使われているということがわかり、
「みんなで観に行きましょーよ!」と私が言ったら、
意外にも皆さんがのってくださったので、一青窈さんにも声をかけ、
翌週の月曜にはいい大人がズラーっと渋谷で待ち合わせし、
横一列に(細野・一青・鈴木・清水・ライター川勝)並んで、
映画を鑑賞したのでした。大勢で見るの、ひさびさでいいもんだった。
そのあと食事をしながら、ユーミン様の初期、矢野顕子さんの16歳時代、
当時の心境や街の周辺話など、聞きたいことだらけで、
私は興奮を抑えていたほど。そこにUFOや鈴木さんの煮魚の話など
めずらしいものもちりばめられ、とても印象的な一日となったのでした。

その翌週、オットが「タカダワタル的、という映画を観に新宿に行くけれど、
あんたも行く?」というので、一緒について行きました。
ひゃあ、こんな素晴らしい人がいたのか、ちっとも知らなかった、
と私はいたく感動し、帰りに高田渡さんの本(バーボンストリートブルース)
を買ったら、その表紙がまた和田誠さんで、
なんだか偶然は一巡したかのようだった。
本当に面白い本で、手にとってから駅まで、
久々に歩き読みまでしてしまいました。
立ち読みより難しいが、意外とできる行為。それが歩き読み。
そのまま知り合いの店でコーヒーを飲んでいたら、(飲み読み)
偶然にも隣の席に鈴木慶一さんがいらっしゃり、
私は驚いたなんてもんじゃなかった。しかも、鈴木さん
「オレさっきまで遠藤賢司とサッカーやってたんだ」とのこと。
私の短いURC物語はこの晩ケリがついた?のかもしれません。
和田効果。

プレゼント

2004/04/10

このHPでのSHOPがオープンしましたが、
見ていただけましたでしょうか?(ここをクリック)
ご家族、お友達へのプレゼントにもぜひご利用ください。

 

04101.jpg

さて、プレゼントといえば、
めずらしく個人的に紹介したいのが、
今年、いただいたもの。
まずは「嬉しかったプレゼント」。
誕生日の日に、
宅急便で到着しました。
包みを開けてみると
私の顔に似たナースが笑っています。

初めは(人形?)と思ったら、
なんと万華鏡になっているんでした。
MISIAさんからのものです。
嬉しかった。
きれいだし、ユニークだし、
自分ではなかなか
買わないものじゃない?
で、さっそく部屋に飾りました。

 

04102.jpg

 

 

04103.jpg

そして「嬉しくなかったプレゼント」。
これは誕生日でも何でもない雨の日に
突然送られてきました。
一冊の本なのですが、
開くと二人のサインがしてあります。
三谷幸喜夫妻からのものです。

しかし、その本のタイトルは
「罵詈雑言辞典」。
サインするなよ!!
なんであげようと判断したんだよ!!
しかし、私はえらく笑ってしまったので、
ここに紹介させていただきました。
私も二人にどんないやなものを
贈ったらいいか、
しばしば考えております。

04104.jpg

タイに行ってきました!

2004/03/08

仕事でタイに行ってきました。食べるもの全部おいしかった~。
歴史がある国って、なんだかソースにその風格が出てるかのようですね。
味つけが上手だなあ、と野菜のディップや、空芯菜のにんにくソース、
カリカリにベイクしたアヒルなど、じっくり凝視しながらいただきました。
やたら食べましたが、めちゃ暑かったので、外のロケで汗をかき、すぐ
体重はもと通り。くたくたとなり、早寝早起きの学生のような日々でした。

あちらでは友達にニックネームをつけて呼び合うんだそうで、
コーディネーターさんはグンさんという女性だったのですが、
グンってどういう意味?と聞いたら「えび」との事。
トムヤングンの、グンなんですって。
私にもつけて、といったら即座に「プーさん」と言われました。
「かに」なんだそうです。もっと人の特徴をつかめ~。

ところでこのHPに、いつか雑誌に書いたエステについて、
やたら質問が来てたのでお答えします。
私がやせたい!と思ったときに飛び込んでたのは
カブール六本木という小さなサロンです。(要予約)
とにかく私は舌がいやしいのでねー。よく食べるんです。
しかしそこに行けば、一度で2キロは落とせて、ウエストも多い時は
6cmも細くなる。なので急ぎの時に助かります。
そのぶん、「快適な空間にリッチな気分!」というより、
熱い、苦しい、痛い、のA・K・Iもついてくるのですが。
しかし、自分の苦しみに比べたらエステシャンの方がもっと大変そうです。
こっちよりもどんどん汗をかかれ、やせていくのがわかります。

最近ちょっとエステにはまってて、きのうは日焼けが気になったんで、
青山のAVEDAというサロンに、知人と行ってきました。
こちらは大変優雅でございました。イラン・イランのいい香りの中、
マッサージがやさしくて夢心地。いろんなものに感謝したくなってきます。
最近はエステにひと月に一度くらいは行こうとしてますが、ここがいい!
と思っても、あえてそこだけに決めず、いろんなサロンをわたり歩く方が
知ることも多いし、楽しいね、と、その友人と話してたところです。

ではまた

ありがとうございました。

2004/01/30

ライブに来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。
一番楽しかったのは私かもしれません。
わっはっは。
私は翌日の11日からイタリアで仕事だったんで、
祭りのあとの寂しさを感じる暇もなく、ちゃっかりロケも楽しみました。
アンケートも向こうのインターネットでしっかり読めて、
充実しとるのお!な日々でした。
いまだ感想メールがたくさん届き、毎日しっかり読んでいます。
ライブ中だと妙なやつを(褒めてないものを)選んで紹介するせいか、
どうしてもブラックなものもあったけど、終わってみると
とても丁寧でうれしいものがいっぱいでした。
とくに20代や10代の方の感想にはひねってなくて、
ストレートに楽しんだ気持ちが書きなぐってあり、勉強になりました。
ほかにもたとえば、これとこれ!なんて、紹介したいものが
いっぱいなんだけど、自分を褒めてるのを掲載するのもなんなので、
心にしっかり掲載させていただきますね。
本当にライブだけでも嬉しかったのに、
感想メールでもこんなに感動できるなんて幸せだなあ、と実感しました。
帰国してしばらくお休みがあったので、ゆっくり過ごしました。

明けましておめでとうございます。

2004/01/07

新年明けまして、私はいよいよライブです。

あんまり楽しみにするな、私よ。仕事なんだから。
と自分に言い聞かせるほど、うかれ気分の私ですが、
もう今朝なんか何の夢を見たんだか
わははは!と笑いながら目が覚めてしまいました。
恥ずかしい。

今回は映像も使うことになってて、撮影も編集も終わり、
大きなスクリーンでくだらない画像を見ると
なんだか感動的に脱力しそうです。

ではもう数十時間後にお会いしましょうね!
メールでの感想もお待ちしております。
わくわく。

pagetop