2003年 Archive

行ってきまーす!

2003/11/26

ライブのためにネタ作りをしている今日この頃。
鶴の恩返しのように、夜になると部屋でコツコツやっています。
これが楽しくなってきて、昼の明るい仕事と夜の地味な仕事とで、
毎日ハレとケがやってくるって感じ。
ひとつできたら次もきっとできるべ!
明日からは台湾にロケに行ってきますが、
皆さんからたくさんメールがきてて、うれしかったです。
たまにはいくつか紹介しますね。

東京・拓さん(男性)
昨年東京に仕事の都合で越して来たんですが、
ジャンジャンでの清水さんのライブを楽しみにしてたんですけど、
もうやってないんですね。なんか10年間くらい行きたいなぁと
呑気に思っていましたが(ずっとやっている(それも毎週のよう
に)と思っていた)。草月のライブがあると知り、ここへ辿り着きました。
楽しみにしてます。

毎週のようにやっていると思ってた、というところが
いいですね。
そうするべきでした。

東京・市川くん
今日、お楽しみ会のチケット買いました!
初日に行きます!
今からどっきどき、わっくわくです。
ミチコさんのライブに行くのも、
ミチコさんに会うのも初めてで、とっても楽しみです。

私も初めての気持ちで立つつもりでーす。
ベストをつくすとは楽しむ事、と理解し、
ほどほどにがんばるつもりです。

応援本当にうれしかったです。
ありがとうございました。

では、ジュディオングの国へと
行ってきまーす!

バカも休み休み

2003/10/29

こないだふと思ったんだけど、大人が「大切なことは勉強じゃない!」
なんてなこと言い続けてきたら、本当に風潮が、
「勉強なんかしない方がいいんだ」となってきたような気がします。
そこまでは、まだよかった。かもしれない。
しかし、業界でも最近、むしろバカなふりした方が絶対トク!
みたいな空気が充満しているのです。

これは困る。
ちゃんとしたボケとの見境いがつかなくなっちゃうし。
しかも「私はおバカちゃんなんだから特別扱いして」
みたいな、逆に上に立つよな空気。
立つなー。座れー。

たとえば
(めんどくさいから、ビッグの楽屋に行って挨拶するのやめよう)
ならまだいいと思う。
いちおうちゃんと、自分でやめる、という意思があるからね。
けど、
(おバカだからしなくて当然。)という顔が、最近鼻についてねえ。
これもあんまり堂々とされるとバカ=かわいい、
という公式すらノーカウントなのだ。

話してるあいだ中ずうっと自分のネイルばっか見てたかと思えば、
突然歌いだす、いきなり「さっきおかしかった」、と笑い出す。
ずうっと自意識の中で一人で会話してるんだ。
しつこいようだけど、たまにいるくらいだと愛嬌もあるんだけど、
あまり充満してくると価値下がってしょうがない。
たまに休んで。

それでこのタイトルにしてみました。

ダイエッター

2003/10/21

こないだもらった皆さんからのメールの中のひとつに、
「さる雑誌を見てたら、ミチコさんの写真が出てたんだけど、
おなかが出てました。」とありました。
スルドい。
そうなんですよ。実は私、この夏っから3キロ太ってしまい、けれども
そうは気がつかれまい、と思っとったんです。
すぐもどすし。なあにもどるさ。
と、タカをくくっておりましたら、なかなかこれがあがくほどに
増え続けて、とうとう4キロプラスになってしまいました。
で、しばらくやりましたよー、ダイエット!
牛乳は豆乳に。白米は玄米に。砂糖はカロリー低いものに。
すごい、と聞いたエステ(エステシャンの方がやせるほど
サウナの中で汗かきながらマッサージしてくださる)に行って、
サンプラザ中野さんから本をいただき、一日だけ絶食もしてみました。
すごくない?すごいさあー!
何がって、リバウンドが!
あれ?というくらい翌日からまた食欲との戦いなのでした。
ホント、ゼータクな話、食べ物だけは身近に豊富にあるから困ってしまう。
飛行機に乗ってもテレビ局でもちょっとしたお弁当がついてくる。
地方に行けば素晴らしいごちそうが。
そうでなくても冷蔵庫の整理はしたい、おいしいお菓子をいただく、
田舎からお肉が届く、近所から果物をいただく。
私は舌がいやしいので、目の前のものは全部食べたい人なのだー。
今はなんとか2キロもどり、あとはゆっくりもどしてこ。と。
そう決心しました。
先週の「ためしてガッテン・脳でやせるダイエット編」
でもそう言ってたし。
と、自分を少しずつはげましながら、食欲との戦場から身を引こうとする
この季節なのでした。

ライブ、決定しました!

2003/10/08

お待たせ~。
私のライブの日程が決定しました。
場所は青山の 草月ホールで、
1月8日(木曜日),9日(金曜日),10日(土曜日)と、
三日間の公演です。
皆さん、ぜひ観に来てくださいね。
チケットは11月7日(金)からチケぴなどで発売となります。
また、皆さんからのこれをやってくれんか、
等のリクエストもぜひぜひここのHPまでお寄せくださいな。
私も楽しみです。
と、短い文章ではありますが、とにかく早くここにご報告したく、
筆をとりました。筆て。

10月ですな。

2003/10/01

「私、踊る!」「私、配る!」(同時に)「頑張ってね!」
のCMを見てるといつも
何かにひっかかったようなつまずきを感じます。
そして、よく見てしまう。
なんでか。
それは立場が違うのに同じような笑顔すぎだから。
明らかに踊る女性のほうが高い位置にいる。
ティッシュを配る女性はどう思っての、あの笑顔返しなのだろうか。
私は本当に配るお仕事がうれしい!楽しい!大好き!
なのだろうか。それとも
ムラムラと湧き上がる憎さを抑えた、逆爆発的な微笑み返しなのだろうか。
それだったら怖い。
よく見ると、どうもティッシュを配る方がより極端に、幸せそうな表情だ。
「そうは見えないかも知れないけど、配ってみれば案外やりがいのある、
楽しい職業なんですよ!」とも取りようによっては見えてくる。
楽しいかも。や、そんなばかな。
毎回このCMを見ては、こんな風に
一度肯定してみたり否定したり、と、どっちの気持ちにも立っています。

9月ですな

2003/09/09

大阪の鶴瓶さんの番組に行ってきました。

私、週刊誌を読むのが大好きなもんで、
さっそく新幹線のKIOSKで数冊買って、車内で
読みながら向かったんですね。

いつもは読んだらすぐ捨ててるんですけど、
その中の一冊に、めずらしく「上岡龍太郎さんのインタビュー」
があったんで、今日がたまたま発売日だし、
(そうだ捨てる前に、鶴瓶さんに見せてやっか、
きっとまだ知らないんじゃないか)と、こう思ったわけですよ。
で、テレビ局着きました。

廊下で、たまたまお手洗いから出て来たばかりの鶴瓶さんとバッタリ。
いやーな予感。
なんだか会うなりニヤニヤしてましたからね。
そしたら何されたと思いますか?!!
挨拶しながら、私の服でその濡れた手を拭いたんですよ!
最悪やんけ!!

で、『...というわけなんだけど、これ、読む?』と言ったら、
『うん。読むよ。くれ』
と言うんだけど、やはりどうもその言い方が、気に入らなくて。
まわりに人がいたんだけど
『ください、と言いなさい。へりくだればあげるわ。頭下げてちょうだい。』
と、言ってみたんですよ。

そしたらさ、『いやや』。ですよ。

びっくりしました。
続けて、
『だって、その本いらんのちゃうの?』
と、言うじゃないですか。
『いりませんよ』
と言ったら、

『ほな、捨てればええやん。そこに』と、指さす先には
燃えないゴミ用のゴミ箱があったのでした。

私もくやしいからポイッ!!と捨てたら、
瞬時にガサガサゴミ箱あさって拾ってましたからね!
おいおいえらい先輩芸人やでえ~!!

笑いました。

8月WEEK

2003/08/21

今週はめちゃ忙しかっただよー。
でもそんな中、シゴトとはいえ、
湖越しの富士山をしーずかに
ながめられた約30分はよかった。
(写真見てみ!五千円札の裏みたいでしょ?湖にも写る富士山を
サカサフジって言うんだってさ。)
しばらく脳内モルヒネ出まくりで、頭の半分は睡眠状態でありながら
しっかり身体は覚醒しているような、なかなか日常味わえない、
不思議な体験ができました。
ありがたかったです。

で、私は晴れオンナなので、天候悪かったその日の朝、
「スタッフの皆さん、大丈夫よー。晴れオンナの私が来たからさー!」
と冗談で言ってたら、本当にパーっと晴れてきて、しかも
ロケ終わりにはパラーッと雨模様になったので、
皆からホントだすげえーと、笑いながら感謝されました。

偶然だとは思うんだけど、数十年というもの、ホント、ロケになると雨の日でも
いっつも急に晴れてくるんで、それにすら驚かなくなってしまった。
今日は悪天候だった番組のオープニングで、きっと晴れますよ、と大胆予告までした。

翌日火曜日には久々にPate屋の林さんに会えたりして、
(あ~この笑顔!こういう大人になりたいものだ!)
と、しみじみもしました。
私はホントにおっとりした人がいつも大好き。
テキパキした人はどーも疲れる。
私のシゴトにはちょっと、頭の回転早さ勝負!
みたいなところもあるので、そういう場所では
テキパキさんほど重宝するんですけどねー。

今日はMISIAさんのライブに行ってきまーす。
私のライブも決まりそうです!ルルル~。
また報告しますね。

ではまた
よい夏休みを送ってね。

その2

2003/08/12

本の続きなんだけど、中島らもさんの本『牢屋でやせるダイエット 』
を読んでたらふとしたところに、こういう箇所があってね。
『あだち充の「スローステップ」を読みはじめ、
こんなによく構成された作品はない!と感動してたのに、
すぐ呼び出される時間になってしまった。
自由の身ではないので、怒りとうらみ骨髄ながらあきらめた。』
と、このような感じだったと思うんですが、
この部分がだいぶんあとになってから、
魚の小骨がのどにひっかかってたごとく気になりはじめ、
抜こうとしても、忘れようとしても取れない。
なんだか気持ちは中島らもさん以上にあだち充の「スローステップ」を
読んでみたくなって、久々にマンガを全巻買いました。
もうすぐ到着します。
到着といえばこの先、このホームページで、かわいいグッズが販売されるかもしれません。
というのは、私がいつか 「すっかりお世話になった人じゃなくて、
ほんのちょこっとお世話になった人にプレゼント
できるようなものを作りたい」
と言い、"清水ミチコデザイングッズ" をいろいろ作ったんです。
そしたら欲しがってくれる人も多くなっちゃって、
今回はいっそ多めに作り、販売も始めましょうか
とのお運びとなったのでした。よかったらまたのぞきにきてくださいな。
ではまた

当たり本

2003/08/05

ようやく夏らしい暑さがやってきましたが、
皆さん、お元気ですか?(と、井上陽水そっくりな声で)
ここ2週間、私はいい本ばっかり読めました。
当たりばっか!ってカンジ。

まず文春から出てる「ナンシー関大全」。
彼女の幼い頃からの写真がたくさんついてたり、エピソードが面白いんだ。
軽く書いてあるんだけれど、授業中に数学の方程式を我流で新たに
作り出してたり、大人になってからは親に心配させると思い、初版の
一册目のみ送ってからはいっさい送らず、仕事の話などできるだけ
しないでいたなんてところなど、照れ屋で生真面目な人柄が伝わってくる。
彼女といえばどうしても注目してしまうのは辛口コラムだけれど、
絵や版画のセンスが本当にしゃれているのよくわかる。

あと吉本隆明の『食べもの探訪記』はおなかが空いてくる。
目だけで読んでるはずなのに、刺激が身体に伝わってくるのよねー。
まずいものの話も楽しいものですね。なんだかそのまずそうなものを
ゆっくり食べてみたくなる。最近はやりの「バカの壁」も、
やはり身体を通して、というかなんだか脳を感じながら読めました。
ガンの告知の部分なんて、ちょっとメモしたりして。
(知識、知るということはガンの告知をされたようなもので、知った瞬間から
桜が違って見えてくる。)

古本屋さんで見つけた山下洋輔さんの対談集も面白かった。
佐藤充彦さんとの対談を読んでいると、60年代の新宿はいかばかり
であったか、とのぞき見てみたくなります。
そして今は渥美清さんの「きょうも涙の陽が落ちる」を読んでいるところです。

ではまた

メール、どうもありがとうございました。

2003/07/07

こんにちはー。
どうも夏らしくない7月ですな。
たくさんメールが届いてて、びっくりしました。
本当にありがとうございます。
HP更新してよかった!更新大成功!
全部くまなく読んでいます。
将来のヒマな時のため、保存までしてます。
やはり時期的にも出版したばかりの『これ誰っ!?』についての
感想が多い中、なぜか出版してくれてありがとう、なんつー
感謝のメールまでもらってて、嬉しかったです。
やはりちゃんとモノを出さんといかんですな。

今度はライブを企画しています。
スタッフと、12月か1月にやりますか、となってはいるのですが、
とりあえず、会場探しをしてもらっている最中です。

ここ、こんなに高いんですか!とか、あそこは来年まで予約でいっぱいだった、
まではわかるのですが、
ここ、お金は安いけど、それなりのヒトでないとダメ、なんだって。
それなりって何!?
など、たまにマネージャ-が電話でやりとりしているのを
聞かないような顔でしっかり耳にしています。

そんな中、『松本人志のモ-ニングビッグ対談』に出たり、
ウンナンとバドミントンをやったり、(『気分は上々』ロケ)
野沢直子ファミリーがウチに遊びにやって来たり、
で、ちょっと個人的になつかしくもありだった日々です。
早く夏!!イタイほど暑い!!
ってカンジにならないかなー。


ではまたねー。

皆さんこんにちわー。

2003/05/30

私(清水ミチコ)のホームページ、本日5月30日、
ついに新たなデザインで生まれ変わりました。
ちょこちょこ更新するつもりでおりますので、
よかったら時々のぞいてくださいな。
今、私は新しい本顔マネ塾2(仮題)の製作中です。
めちゃくだらなくもすんばらしい本にするつもりですので、
書店で見かけた方、ぜひ迷わずお手に取ってくださいねー。
感想もこちらにおよせください。
あなたの言葉が私の糧。
お待ちしてまーす。

pagetop